デジタル

スマホ水没も『補償サービス』なく…格安SIM導入失敗談

広く注目を集める「格安SIM」(MVNO)だが、実は使いづらい面も多々ある。安さにつられて安易に手を出すと後悔することも……

◆格安SIM導入失敗談

格安SIM導入失敗談 安さに惹かれてMVNOに乗り換えたものの、思わぬところで「銭を失った」と語る人も。

「LGの『G2 mini』(約3万5000円)で格安SIMデビューしたのですが、なんと購入してから1か月もたたないうちに端末を水没させてしまいました。キャリアの『補償サービス』のありがたみを、使えなくなってから知りましたよ……。5000円払えば新しい端末に交換してもらえるんですからね」(36歳・会社員)

 また、MVNOにするとキャリアメールは使えなくなる。「gmailがあるからキャリアメールなんてなくても問題ない!」とうそぶいていた弊誌ライターMは、乗り換えてから「地味に面倒」だということに気づいたという。

「地元の友人たちとはキャリアメールでやりとりすることが大半だったのですが、gmailから送るとエラーで戻ってきてしまった。PCからのメールを弾く設定にしてるコが多いんですよね」

 スマホの必須アプリである「LINE」も、MVNOだと年齢認証がされないため、使うことができない……という事例が報告されている。ネットで検索すれば対処法も見つかるが、ここでつまづいてしまう初心者もいるはずだ。

 いずれも致命的な欠点ではないが、これらを引き受けるほど「安さ」に魅力があるかどうか、一考する余地があるだろう。

取材・文/SPA!編集部
― 「格安SIM」に手を出す前に知っておきたい事実【4】 ―




おすすめ記事