雑学

「1日1食生活」にすると食費は月1万円で足りる

 食料品などの値上がりラッシュが続き、まさにインフレ地獄の様相を呈してきた。生活防衛として、食費を減らすことができれば、かなりの節約になる。安い食材を探しまわるのも一つの手だが、より食費を削るには食事の回数自体を減らすという手段もある。

「1日1食でも問題ありません」と話すのは、長嶋雄一クリニックの院長・長嶋雄一氏だ。

「1日3食という固定概念は捨ててください。実は、夜の1食でも十分。私自身、7年間1食生活を続けていますが、血液検査をしても異常はありません。むしろ、食事の回数を減らすことでカロリーの過剰摂取も予防でき、1食のほうが健康的。さらに、食後は血糖値が上昇して眠気や倦怠感に襲われるのですが、食べなければそれもなく、集中力も途切れない。効率的な仕事にも繋がるのです」

食卓

北見さんのある晩の食卓。「今日は唐揚げがスーパーで特売していたので、少し豪華になりました」とか。北見さんの料理の腕は上がる一方だ

 実際に1日1食生活で節約を続ける会社員の北見陽平さん(仮名・34歳)にも話を聞いた。

「朝は野菜スープを飲む程度で、昼は休憩せずに仕事を続けるため食事は夜だけ。自炊して1食300円以内に抑えています。月に2度ほど、同僚や友人と飲んだり外食したりしますが、それでも月の食費は1万円前後。今まで月3万円だった食費が2万円も少なくなりました。体調もまったく問題ありませんね」

 “プチ断食”をマスターすれば、インフレ地獄なんか怖くない!?

取材・文・撮影/奥窪優木 鈴木大介 高島昌俊 宮下浩純 山田ジン 撮影/西田 航
― 迫りくる[インフレ地獄]の歩き方【7】 ―




おすすめ記事