雑学

リフォームで痛い目にあった人々の失敗例

住宅リフォームコンサルタントの尾間紫氏

住宅リフォームコンサルタントの尾間紫氏

 夢の暮らしをゲット……のはずが失敗例も多いリフォーム。住宅リフォームコンサルタントの尾間紫氏によくある失敗例を聞いた。

「近年多いのは人気の対面キッチン導入での失敗。壁付きタイプに比べかなり面積を取るので、無理に導入した結果、短く狭く使いづらいキッチンになる例は多いです」

 収納関連も失敗が多い。

「使い勝手が悪い場所に巨大収納を作って一極集中を図った結果、そこに荷物を運ぶのが面倒になり、かえって家全体が散らかる例も」

 また「窓を大きく明るい家に」というリフォームも、よく考えずに行うとプライバシーや防犯性、断熱性能が低下してしまうそうだ。

 あれもこれもと考えると、必ず予算はオーバーするそうだが、「大事なのはメリハリ」だという。

「『来客に見られる玄関とリビングだけ』『自分がくつろぐ寝室やお風呂だけ』など、好きな場所にお金をかけて、他では予算を削りましょう。一か所でも理想の空間をつくることができれば、リフォームの満足度は格段に高まります。ただ、お金をケチると後悔するのがフローリング。床が安っぽいと、100万円の家具も2万9800円にしか見えませんから(笑)」

リフォーム【尾間紫氏】
新しい暮らしをつくる「リライフのリフォーム」を提唱する住宅リフォームコンサルタント、一級建築士。All Aboutリフォームガイドも

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―




おすすめ記事