恋愛・結婚

出回るバイアグラのジェネリック品…メリットは何か

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その87 ―


 若い男性は、下半身が元気と思われてますが、想定外なことが、しばしば起きます。とびきりいい女なんかに遭遇すると、なんとかイカせなければ、テクニシャンと思わせねばと思って、逆に焦るものです。挙句、遮断機が上がらないことも、往々にあります。

夜の遮断機

©hiro_y

 というわけで、万が一、役立たずになったときのお助けが、バイアグラを始めととするED錠です。この薬、最近再び盛り上がってます。バイアグラの物質特許と用途特許が切れて、ジェネリック品が発売されるようになったのです。年内に10社ぐらいから出るそうで、バイアグラバブルになるんでしょうか。

 ちなみに、料金の方はバイアグラ50mgで1500円とするなら、ジェネリック製品は1000円と、約3分2の価格で買えます。もちろん、効能は一緒。だったらジェネリック品で、いいんじゃんと思います。そして、もうひとつジェネリック品の優れたことを発見したので、報告しておきます。

 ジェネリックの多くは、従来のバイアグラの色やデザインと違ってます。本家のバイアグラは青い菱形で、非常にポピュラー、女性でも見た瞬間、バイアグラじゃないのと、識別できます。しかし、ジェネリック品は、バイアグラに似ているのもありますが、概ね白だったり、まん丸だったりと、本家と似ても似つかぬ形状をしています。

 さあ、ジェネリック品のメリット書きますよ。バイアグラの効果は飲んでから、だいたい30分から1時間後から効き始めます。だから通常、女性と食事をしているとき、話がまとまってホテルに行こうと、食後のコーヒータイムで、ひと粒飲むのが自然な流れです。万が一交渉が決裂したら、飲まなくていいだけですから。けど、先ほど書いたように、バイアグラの形状は有名になっているから、「どれ胃薬飲むか」とうそぶいて飲んでも、バイアグラを飲んでるのがバレバレです。そこでジェネリック品の登場となるのです。

出回るバイアグラのジェネリック品…メリットは何か

※イメージです

 ジェネリック品は、見た目何の薬か分かりません。ちょっとアレルギーの薬飲むからと言い訳して、飲んでもバレることはないです。これがスマートってもんです。そんな小技を使うなら、1日ぐらい持つED薬を昼間に飲んでおけばいいという人もいるでしょう。でもね、24時間頑張りますの薬は、事を終えて家に帰って、万が一奥さんに迫られたとき、過剰に反応して、遮断機がカンカン上がったら大変じゃないですか。「あらまあ、こんなになって。あなた、中折彬って言ってたじゃない、あれは嘘だったのね」と、余分なエネルギーを使うはめになってしまうかも知れません。

 今後、中国あたりから、ジェネリック品が出たと言って、とんでもない変な薬が出回る可能性は大です。何しろ紙を丸めて米粒を作る国ですから。そっち方面から来る薬には手を出さないのが賢明です。

 ここは正規に販売しているクリニックに行くのが正しいです。イマドキ下半身を出して、勃起具合とか調べませんから安心して下さい。「ちょっと立ちが悪くなって」と言って、世間話程度の問診を受けると、次回からはカードや受診票提出で、自動的に買えるので、非常に楽チンです。

木村和久

木村和久

「ジェネリックバイアグラ、買うはいっときの照れ、買わぬは女性の前での大恥」

 そういうことですね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦




おすすめ記事