“五代ロス”が勃発中のディーン・フジオカ、今年の抱負は「定住」

甘いマスクと流暢な英語まじりのセリフ回し。また新たなイケメン登場である。NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚(ごだい・ともあつ)役で世の女性をメロメロにした俳優、ディーン・フジオカ(35歳)。残念ながら五代は1/22(土)放送回でドラマから去り、早くも“五代ロス”が勃発中。だが現在、TBS系で放送中のドラマ『ダメな私に恋してください』に出演中で、北米ドラマ初出演作『荒野のピンカートン探偵社』のDVDがリリースになったばかりで彼の勢いは止まりそうにない。そんな今年、大ブレイク間違いなしのディーン・フジオカを直撃した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1040583

ディーン・フジオカ ’80年、福島県生まれ。モデルとしてデビューの後、俳優や映画監督として活躍中。NHK連続テレビ小説『あさが来た』五代友厚役でブレイクを果たす。

――それにしても『あさが来た』の反響、すごいですね。

ディーン:ありがとうございます。もちろん嬉しいですが、自分が芝居をしている姿を日本にいる祖母に見せることができた、というのがなにより大きいですね。この歳になってようやくお婆ちゃん孝行ができたというか、全国どこでも見られるNHKの影響力の大きさを改めて実感しました(笑)。

――海外ドラマの現場も経験したことのあるディーンさんから見て、日本のドラマの良さとは何でしょうか?

ディーン:日本の電車や新幹線のダイヤが正確なように、スケジュールをキチンと立てて遂行する能力がとても優れていると思います。現場ではリハーサルの段階から綿密で丁寧で、非常にプロフェッショナルな感じがしましたね。それから、フッテージ(映像素材)を編集に送る数が少ない。つまり現場でOKテイクをしっかり確保してから編集作業に入るところが外国とは違います。どちらが良くてどちらが悪いという話ではないですけど、両方の現場を経験した身としては、さまざまな違いは興味深いです。

海ドラ初出演作『荒野のピンカートン探偵社』ではケンジ・ハラダ役を好演! (C)Pink Series, Inc.

――ところで海外ドラマといえば、ディーンさんが準レギュラー出演した海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』のDVD-BOXが現在リリース中ですが、振り返って出演の感想を聞かせてください。

ディーン:この作品は、役者として北米で初めての仕事でした。アメリカに留学していた頃、僕としてはそのまま永住して仕事したいなと思ってましたが、結局それは叶わなくて。でも、そのおかげで俳優という職業と出会えて、再びこの地に自分を連れて来てくれたことがとても感慨深かったです。そもそも俳優をやるなんてまったく思ってもいなかったのですが、そう思うと人生ってホントに不思議ですね。

――今回、演じられた役柄はいかがでしたか。

ディーン:僕が演じたケンジというキャラクターは、時代背景から考えるとかなり特殊な人物ですよね。日本人としてアメリカという異国で風当たりもキツい中、それでも父親の仇を捜してサバイブしていく。そんな彼の姿を見ながら心情を想像してもらえると、より深いものが感じられるのではないかと思います。

――役者として、この作品を通じてディーンさんが得たものは何でしょう。

ディーン:ひと言でいうと、エンターテイメントやアートを追究することに妥協しない姿勢と、アーティストとしての“自信”ですね。向こうはユニオン(組合)システムのもと、パフォーマーやクリエイターがベストなクオリティーのものを作り出すために集中できる環境を、しっかりとバックアップしているんです。大人になるとどんな職業でもどんな立場でも、いろいろあるじゃないですか(笑)。でも、そんな“しがらみ”を出来る限り排除して、いいモノをつくるために高いモチベーションを維持させてくれる。言い換えればアーティストとしての“誇り”を得たと言ってもいいかもしれません。

ディーン・フジオカが出演した海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』のセルDVD-BOXⅠ、レンタルDVD①~⑥がリリース中。セルDVD-BOXⅡ、レンタルDVD⑦~⑪は2月3日リリース。発売元/アミューズソフト

――では逆に、反省点はありますか?

ディーン:ロケ地が寒すぎて、撮影時以外あまり外に出なかったことですね(笑)。キャストやスタッフから食事や飲みに誘われた時、もうちょっと出かけておけばよかったかなと。さすがに気温がマイナス35度だと外出したくなくなりますよね。

――では最後に、今年36歳を迎える年男ということで、ぜひ抱負をお願いします。

ディーン:ずばり「定住」です(笑)。今、どうしても仕事の都合上、妻と子供たちと離れて生活(※現在、ご家族はジャカルタ在住)せざるを得なくて、会えるのが2か月に1回くらい。なので、家族と暮らしながら仕事ができる場所に住みたいですね。家族をおそろかにすると仕事にも影響がでてきますし、「家族」というカタチを維持するためにはそれなりに努力も必要だと思うんです。俳優として、一人の人間として、さらにチャレンジしていきたいからこそ、強くそう思いますね。みなさん、家族は大事です」

 イケメンでありながら家族も大事にするなんて、まさにMr.パーフェクト! そんな彼の、男としての、そして人としての懐の広さに、グローバルとは縁遠いSPA!はただただ脱帽です!

取材・文/中村裕一 撮影/山川修一

荒野のピンカートン探偵社

1860年代のカンザスを舞台に、アメリカ最古の探偵社であるピンカートン社の創設期を描いたミステリーアクション

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中