Web業界に転職してきた“使いづらい紙の編集者”の特徴

 出版物の売上の減少、それにともない相次ぐ出版社や取次会社の倒産…とにもかくにも明るいニュースがない出版業界。市場全体が縮小しているため、必然的に編集者たちの働き方は多様化してきており、別業界に転職する者、副業する者など様々だが、その中で比較的多いのがWebメディア編集者としてIT業界に転職するというキャリアの道。

比較的IT業界への転職が多い 今やおびただしい数のオウンドメディアが存在しているが、そのクオリティも千差万別。安定したコンテンツを供給するうえでは、紙媒体で編集経験を持つ者が入るというのは何より心強い。だが中には、これまで紙でやってきたというプライドを全面に押し出したまま入ってくる“使いづらい”人材がいることも事実。今回はそんな紙の呪縛から逃れられない人たちの特徴を、IT企業に勤める会社員に聞いた。

「紙の編集にいた時は…」が口癖


「やはりWebメディアになると、PCの使い方はもちろん記事出しの進め方も変わってくるんですが、その流れについて教えていると、知らないことを恥と思うのか『紙の編集してた時はこういう進め方だったんだよね』と最後に言ってくる。あとは『取次会社っていうのがあるんだけど、紙以外の人は知らないか~』とも。こっちはそんなの知らないし、言ったところでダサいだけ。リアルに地獄のミサワっているんだなって思いました」(27歳・女性)

会社の定時を定時と思っていない


「ウチは10時~19時勤務なんですが、出版社にいた時の時間軸があるみたいで、定時で帰るのを見たことがないんです。確かに出版業界は24時過ぎまで働くのがザラというイメージだけど、業界も変わっているんだからそのままの働き方で来ないで欲しい。そのせいで次の日遅刻して午後出勤なんてこともあるし、明らかにウソの直行で昼出社も珍しくない。チームでは浮いた存在になってますね」(37歳・女性)

何かと神保町トークに繋げてくる


何かと神保町トークに繋げてくる「その人は以前出版社天国とも言える神保町の勤務だったんですが、ことあるごとに神保町の話につなげてくるのは困りますね。例えば『渋谷で美味しい洋食屋を探してるんです』と話したら『あ~渋谷は知らないけど神保町にいい店があるんだよね~』といった具合に。いや、俺が探しているのは渋谷だし。一度、御茶ノ水のお店の話をしていた時に『その近くに○○って店あるよね~神保町なんだけど』と割り込んできたのには閉口しました」(32歳・男性)

 と、ここまではまだ笑えるエピソードが多いが、なかには仕事に支障をきたすトンデモ編集者も存在する。

クオリティにこだわりすぎて肝心の納期を守らない


「広告記事のライターをしているんですが、ディレクターとして元紙媒体の編集者が入ってきたんです。その人は『神は細部に宿る』をモットーに、文章の表現、写真の色・デザインなど細かい修正を何度もしてきて、それを繰り返していたら結局締め切りが間に合わなかったことがありました。案の定クライアントには怒られるし、本当勘弁してくれよって感じです。状況に応じて微修正ができるWebの利点を全く生かしてないですよね」(28歳・男性)

 編集者が紙媒体だけにこだわる時代の終焉は近づいている。だからこそ、過去の実績にとらわれず学ぶ姿勢を忘れることがないよう肝に命じてほしい…そんなWebメディア編集者からの声が聞こえてきそうだ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中