プロ客から見たキャバクラの世界【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その118 ―

 最近はなんでもプロと名前がつけば、もっともらしく見えるようですな。「プロ彼女」「プロ彼氏」「プロ主婦」「プロ追っかけ」とかね、いったい何をもって、プロなのか皆目見当がつきません。最近、有名女優が一般男性と結婚したけど、そんなこと普通はありえない。相手は「プロの夫」じゃないか、という噂もあります。なんだんねん、それは。

taro / PIXTA

 プロ乱立ならキャバクラに、「プロ客」がいてもいいでしょう。個人的には、すでに20年ぐらいキャバクラに通って、それなりの結果を残しって、何が結果だか、謎ですけど。

 そんなわけでプロ客の視点から、キャバクラの世界を覗いてみたい。まずプロ客は、どの方面と懇意か、考えてみよう。ペットの例だと「犬は人になつき、猫は家になつく」と、言われている。だから引越しのとき、猫は匂いのついた毛布などと、一緒に移動すれば、落ち着かせることができる。

 キャバクラのプロ客は、そういう観点で見ると断然猫派だ。つまり客はキャバ嬢に夢中になるが、実のところ繋がっているのは、キャバクラのスタッフである。店長や黒服と懇意になり、常連ゆえのサービスにありつける。例えばキャバクラ主催のゴルフコンペなんかにも誘われる。丸一日、延長料なしでキャバ嬢と一緒にゴルフを堪能できますからね、これぞ常連冥利に尽きるってやつです。

 プロ客は、好みのコを席につけてもらうのは当然である。マッチングが功を奏せば、客に足繁く通ってもらえるから、店としても好都合だ。しかも、プロは口説きが成功しても猫派だから、また店に通う。やり逃げはしないので、店は凄く安心している。

 これが一見の客だったら、「初めちょろちょろ、なかババア、帰りに美人」という鉄則のもとに、付回しをされる。①初めは無難な普通のコをちょろちょろ出して様子を見て、②中ごろにババアに近いベテランを出して時間を稼ぎ、③帰り際、客がキレ気味のときに、可愛いコを出して延長を勝ち取る。客はさっきまで無愛想だったが、突如にこやかになり、「なんだよ、可愛いコいるじゃん。仕方ないなあ、延長するか」と、まんまと店の作戦に乗せられてしまう。私も知らないアウェーの店で、何度それをやられたことか。

次ページその点、常連のプロ客は…

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中