不良韓国人が新大久保で荒稼ぎ「被曝食材を販売との噂」

 韓国人ニューカマーの“ワル”が好き放題、大暴れしている!?

聖地

当局のガサで閉鎖した新大久保の“聖地”

 韓流ブームが冷めやらぬ一方で、キナ臭い話も出始めているのだ。昨年12月、CDやポスターなどを販売する韓流ショップが法人税4000万円を脱税。また今年2月中旬、韓流アイドルグループを興行資格のない短期滞在ビザで入国させ、3か月間に60回以上ライブを行ったライブハウス経営者と、そのグループが書類送検された。

 “韓国人ワル”の根城とされる東京・新大久保で10年ほど前から食堂を経営する在日韓国人のA氏は、「彼らが街を牛耳ったことで、負の連鎖が始まった」と嘆く。

「彼らに共通しているのは、私腹を肥やすためなら手段を選ばない点。ビルオーナーの代理業務を行う不動産業者に裏金を渡すことで結託し、『この大きさの店舗なら権利金は○○○万円!』という具合に、街全体の家賃をつり上げた。結果、店舗の家賃は10年前の5倍以上になってしまいました」

 また、現在の新大久保にある韓国料理店は“安かろう悪かろう”ならぬ、“高くても悪かろう”。家賃高騰の穴埋めとして安い食材を用いているというのだ。「テキトーに作っても日本人にはわからない」といった具合に、質の低い料理を提供するようになったとか。

「被曝食材を使っている店もあるという噂です」(A氏)

 こうした状況は自らの首を絞めることになりかねないと、韓国大使館も眉をひそめているという。新大久保で飲食店を営む、あるニューカマーもこう話す。

「大久保通りにある大型ショップビル『K』に、韓国最大手の芸能事務所『C』の傘下団体が資本投下する話があったが、立ち消えになった。『K』が地下1階で海賊商品ばかり扱っているからというのが原因です。同じく、『C』はKINOやSOS(解散済み)など『新大久保発アイドル』を擁するライブハウス『聖地』に資本投下する話もあったけど、ポシャった。ご存じの通り、労働ビザや免許の問題がボロボロだし、オーナーも素人。このように今の韓流ブームは、ちゃんとした会社が二の足を踏むような、危ういバランスの上に成り立っているわけですよ」

 だが、ひとたび爆発したブームの勢いは無軌道に広がる一方だ。匿名を条件に、事情通が話す。

「『聖地』が労働ビザ問題でガサ入れされて、昨年12月に閉鎖した。その後釜を狙い、現在、敵対し合っている界隈の有力者3人がそれぞれ、素人の韓国人男子がショーをするライブハウスを新たにつくるべく、動いていると聞きます。エンターテインメントショーは儲かりますから、血みどろの争いになることは必至です」

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【1】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中