ネコミミ美女が幕張で増殖中! 『necomimi』中の人インタビュー@ニコニコ超会議1

ねぎたん

ニコニコ生放送で人気の「ねぎたん」もネコミミ

「思っていることがバレるみたいで恥ずかしいです」

 脳波をキャッチして動く最新ガジェット『necomimi』を付けた美女が恥ずかしそうに答えてくれたのは、4月28日に幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議』の初日。2011年3月、Youtubeにイメージ動画がアップされ話題を集めた同商品が国内先行発売となった会場では、買ったばかりのネコミミをつけて嬉しそうに歩く美女とおっさん、という不思議な光景が広がっていた。

 萌えアイテムとして定着したネコミミだが、パタパタと動くネコミミの破壊力はケタ違いだ。ということで、会場で見かけたネコミミ美女の画像をたっぷりと紹介する。

⇒ 【画像集】ネコミミ美女を超会議の会場で発見!
http://nikkan-spa.jp/202211/120428_neco_00

 まず、すれ違ったときに思わず二度見したのは、ニコニコ生放送でも人気の美女『ねぎたん』(co1103975)。会場からのユーザー生放送前というタイミングであったが、『necomimi』をつけた感想を聞くと、「思ったようには動かせないけど、面白いですね。本人の心の中が分かるようです」と快く答えてくれた。

 他にも、「パタパタと耳が動くと、今ドキドキしているのかなと思って、さらにドキドキしちゃいます」「他の人とかぶらないと思うのでアクセサリーとして良いですね」と、今までにない最新ガジェットを楽しむ声が多数だった。

 しかし、イベント後に使う機会はあるのだろうか? 「コミケやハロウィンなどのイベント」「カラオケでネタになりそう」という声が多かったが、「普段着でも使いたいです! これで渋谷とかも歩けますよ。可愛い系の服がおおいので、ネコミミも自然かなって思います」という女のコもいた。

◆ ネコミミを自由自在に動かすためには?

 筆者(27歳・男)もさっそく購入し、ネコミミをつけて会場を歩いてみたが、パタパタと動かすのは想像以上に難しい。そこで、『necomimi』の設計を担当した技術者・石渡氏にネコミミをうまく動かす方法を聞いた。

「練習あるのみ! 一つの物事に集中しているときに耳がピンと立ちます。話を聞いているときなどですが、話している人以外のことを意識するとダメです。集中するための方法は様々ですが、まわりからの注目が集まると集中状態になりやすいです。見られると、『何かしなきゃ』ということに集中すると思います。あとは、基本的なことですが、額につけるセンサーのアームは曲げられるので、頭のかたちに合わせてフィットするようにしてください」(石渡氏)

◆ 売れ行き絶好調!2日で5000台目標を余裕で達成!?

 会場のいたるところで見かけた『necomimi』は、いったいどの程度売れたのだろうか? 製造メーカー『NeuroSky』の小山氏に話を聞いた。

「予想以上の売れ行きに驚いています。開場と同時に売り場を目指してダッシュして来た方や、4個まとめ買いされる方もいました。購入者は中高生からサラリーマンまで、男女同じくらいです。2日間で5000台を目標にしていたのですが、軽くクリアできてしまいそうです。Youtubeにアップした動画のアクセス元をみてみると、日本とアメリカとヨーロッパ(&ロシア)からそれぞれ30%くらい。海外からも注目されています」(小山氏)

 発売となったばかりの『necomimi』、超会議のみの単発の話題でなく、今後も国内だけでなく、国外での人気にも期待したい。パタパタと動くネコミミをつけた女のコが、渋谷のスクランブル交差点の向こうから、一斉に歩いてくる風景を想像してほしい。「日本ステキ!」「JAPAN COOL!」と思わずにはいられないだろう。 <取材・文・撮影/林健太>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中