中国で大人気【ヤクルト】密輸現場を激写!

中国 6月2日にドラゴンガジェット取材班がお伝えした、ヤクルトの中国での爆発的な人気ぶり。ダイエットやがん予防、果ては豊胸まで、その効能に関するデマが広がったことが原因のようで、香港メディアによると、同地で約85円で販売されている5本セットの商品が、大陸では約130円で転売されているというのだ。あれから1か月。今なお冷めるところを知らないヤクルトブームを目の当たりにしたのだった。

 香港から大陸へ抜ける羅湖ボーダーでの出来事。パスポートコントロールを通過し、税関検査場へと向かう筆者の目前に、バックパックやショルダーバッグをパンパンに膨らませた中年男女6人ほどの一行がいた。税関検査場へさしかかり、スーツケースをX線検査機にくぐらせる筆者を尻目に、小さな荷物のみでその義務のない彼らは、そのまま税関検査場を素通りしたのだった。

 ところが筆者が税関検査場を抜け、無事大陸に入境すると、そこで先ほどの一行が集合しているのを発見した。怪しいと直感した筆者は、少し離れた場所で彼らを観察した。

 すると彼らは、手荷物を床の上に下ろし、次々にジッパーを開けはじめた。そして中から次から次へと出てきたのは、なんとヤクルトのボトルだ!

 さらにそこへ、大陸側で彼らを待っていたもう1人の女が、キャリーを携えて合流。

 大量のヤクルトを慣れた手つきでキャリーの上にまとめ始めると、悠然とその場を立ち去ったのだった。そう、彼らこそ、香港で仕入れたヤクルトをハンドキャリーで中国に持ち込んで転売する、転売ヤーなのだ。

※【カバンの中から大量のヤクルトが!】画像はコチラ⇒
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=246252


 一人当たり300~400本としても、合計2000本ほどはあろうかというその量は、明らかに個人消費用を超えており、中国の法律から言えば税関への申告義務があるはず。ところが彼らは税関を素通りしており、厳密に言うと「密輸」ということになるだろう。

中国

粉ミルクの運び人……今やその数も減ってしまった

 香港メディアが報じた価格によれば、大陸での”末端価格”はおよそ5万2000円。香港から大陸に越境するだけで1万8000円ほどの利益が生まれることになる。2008年の毒ミルク事件発生以来、このボーダーで跋扈する粉ミルクの転売ヤーの姿もあったが、その規模たるや、彼らヤクルト転売ヤーの比ではなかった。

 ほかにもiPhone 4Sなどのアップル製品や最新の携帯電話など、時の注目商品が次々と密輸されるこのボーダー。ここを彼らのような転売ヤーに背負われて越える商品は、人民に認められた栄誉ある証といえる!?

【取材・文・写真/ドラゴンガジェット編集部
ガジェット好きのライターや編集者、中国在住のジャーナリストが中心メンバーとなり、2012年1月から活動を開始。東京と深セン、広州を拠点に、最新の話題をお届けする。

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中