リアル「イケメンパラダイス」 大学ミスター53人がズラリ【画像集】

 イケメン大学生53人が、9月1日に赤坂サカスで開催された『ミス&ミスターコレクション2012』に集結した。イベント出演者数は、ミスとミスター合わせると全24大学、計159名。本記事ではミスター候補者のなかから、会場を沸かせたイイ男たちをピックアップ。爽やか系からワイルド系まで、幅広く紹介していく。

⇒【ミス編】お嬢様やアイドル系計102人(http://nikkan-spa.jp/284546)

◆特別賞は学習院大学3年奈良岡くん
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/284550/sacas_mr_a1

 53人のミスター候補のなかから1人だけ選ばれる特別賞は、学習院大学の奈良岡くんが受賞。『TBSアナウンススクール夏期講座無料参加権』が贈られた。イベント後に感想を聞くと、「友達と発表直前に『学習院って呼ばれたらテンション上がるね』って話していたらその通りになって……。本当に僕か?という感じでした」と、未だに信じられない様子。

 均整のとれた肉体は、高校時代にハンドボール部で鍛えたものだ。エースとして青森県で準優勝2回、優勝1回という輝かしい実績を持つが、「青森はそんなに盛んじゃなかったので」とここでも謙虚な姿勢は変わらない。アナウンススクールの参加権については、「すごく良い機会を頂いたので、この経験を大事にさせて頂きたいと思います」と、爽やかな笑顔で話してくれた。

◆ ミスターたちを戦隊イケメン俳優に例えると……

 53人のなかには、戦隊ヒーロー役が似合いそうなイケメンも多数登場。レッドが似合うマーヴェラスなヒーロー顔から、ワイルド系、母性本能をくすぐるかわいい系など、様々なタイプに分けられる。そのバラエティに富んだ顔ぶれはまさに○○レンジャーそのもの。取材班が選んだ8人を戦隊に例えて紹介しよう。

⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/284550/sacas_mr_b7

 長身長髪の田中くん(青学)や体育会ゴルフ部所属の梶原くん(専修)あたりが中心になって戦い、石井くん(慶應)、梅田くん(首都)、根本くん(学習院)が前線の仲間たちを援護、情報戦になれば安藤くん(上智)が相手の弱点を暴き、伊藤くん(青学)、梶田くん(日大文理)が後半戦くらいで現れる新しい仲間……といったところだろうか。

◆ スベっても涼しい顔。強烈な自己PR合戦
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/284550/sacas_mr_c1

 モノマネや一発芸など、強心臓も持ち合わせたミスター候補者たち。日大文理の塩澤くんが、気合いの入った変顔を披露すれば、東大の安宅くん、相楽くんは2人続けてウサイン・ボルトのポーズで入場。東京理科大は太田くんを中心とした抜群のチームワークで会場を沸かせた。慶應の濱田くんは、ストリートバスケットボールが特技で、指先でボールを回しながら入場。その端正な容姿同様、洗練されたボールさばきを披露した。

◆ イケメンで気も利くなんて……ずるい!

 イベントのラストには、出演したミス&ミスターがステージ上に全員集合。取材班も、全体写真を撮るため2階からカメラを構えていたが、誰も気づいてくれない。そんななか、ミスター慶應の6人だけが、カメラに気づきポーズを撮ってくれた。容姿端麗なだけでなく、すごく気が利くのね。さらに、ミスター慶應の2人には、「イケメン彼氏との妄想デート的ショット」を撮影させてもらった。【デート中にケンカ→怒られたけど→仲直りしてなでなで】というやり取りを妄想しながらご堪能あれ。

◆ミスターたちはなぜカッコイイのか?

「まさにイケメンパラダイスですね!」司会者が思わずそう口にするのも無理はない。本当にそこは、イケメンたちがつくる楽園のようだった。ステージ上には、マンガから出てきたかのような美男子たちが並び、会場がどよめく。筆者の斜め後ろの若い男性がつぶやいた。

「やべっ。かっけー」

 たしかに、同性から見ても文句なくかっこいい。その自信に満ち溢れた表情が、もともと洗練された彼らの容姿をまたさらに引き立てる。それでいて、話し始めると案外素朴な印象を与える候補者も多くおり、それがまた新たなギャップを生み出す。特別賞を受賞した奈良岡くんは、その代表とも言える。

 夏も終わり、秋になればいよいよ各大学でミス&ミスターコンテストの本番。そこでもまた彼らが、非日常空間を創り出してくれると取材班は確信している。 < 取材・文/福田悠 撮影/林健太 >

※ミス&ミスターコンテストの予定や候補者たちの詳しいプロフィールは、ポータルサイト『ミスコレ』、『ミスターコレ』に掲載されている。

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中