インド料理店増加の裏で、タンドールブローカーが暗躍

タンドール

タンドールは1台200kgほど。店舗への搬入には小型のクレーンが必要だ。

 最近、インドやネパール料理の店が増えたのは何故だろう? 首都圏を中心に、そんな疑問を感じている読者は少なくないはずだが、この現象の裏に「タンドール・ブローカー」の暗躍があることは、あまり知られていない。

 タンドールとは、ナンをはじめとするパン類や、タンドリーチキンなど肉料理の調理に使われる円筒形で粘土製の壺窯型オーブンのこと。これを飲食店に納入する日本人ブローカーこそが、インド・ネパール料理の増加を後押ししているというのだ。ブローカーの一人が話す。

「法人経営の飲食店に限られる話なのですが、タンドールを店舗に導入すると、1台につき4人まで、法務省からネパール人料理人の就労ビザ発給を受けられるんです。現地には、日本行きをあっせんする業者がいる。手数料は高額ですが、日本円を貯めて故郷に錦を飾りたいネパール人は、親戚中からカネをかき集めて支払ってます」

 そして後日、めでたくビザ発給の運びとなると、料理人の支払った手数料の一部が日本のブローカーを経由して、タンドールを導入した法人に支払われるという。

「数年前には、料理人一人当たり300万円ほどが日本の法人に入りました。4人なら1000万円を超えるので、そのカネでネパール料理店を開業できましたが、最近は日本の不景気が現地でも知られてしまったので、1人当り70万~80万円ぐらいですね。それだと新規開店には足りないので、手数料だけ受け取って、タンドールをブローカーを通じて転売。料理人も解雇してしまうのが最近では主流です。それはネパール人も最初から承知で、自分たちで他の仕事を見つけているんですよ」

 それでは不法就労の助長にもなりかねないが、経営難の飲食店にとって、のどから手が出るほど欲しい臨時収入なのだ。

 10/16発売の週刊SPA!「本当は教えたくない ワル知恵(秘)錬金術12連発」特集では、タンドール・ブローカーの他に、不動産カキアゲ購入(月収50万円)、違法ビジネス投資(月収30万円)、高級ブランド転売(月収50万円)、海外FX紹介ブローカー(月収1000万円)、ネットアフィリエイト(年商50億円)、ネット版ポン引きバイト(1件3000円〜)、ゼロクーポン債売却で節税(特別控除50万円)、キャッシング可能枠拡大(利用枠拡大200万円)、携帯ゲームアイテム売買(月収6万円)、詐病(月収の6割前後)の手口を公開している。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/23号(10/16発売)

表紙の人/鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中