こだわりの料理とレアな日本酒に出合える店

◆福島・宮城・岩手 地酒を呑んで復興支援!!【3】
自粛ムードは百害あって一利なし! とは誰もが思うところだが、ただ飲むだけでは心もとない。そこで今回は東北の銘酒に出合える店を本誌が厳選。全国の飲んべえたちは東北の地酒を飲んで被災地支援に繋げよ!


◆酒味処 きの字 東京・大塚


シャクシャクとした食感の新筍は春だけの味。同じく、ワタが詰まったぷりぷりホタルイカと、ウドやウルイなどの春野菜で作った卵とじもオススメ。ふんわり優しい味付けの肴を、香り高い冷酒で楽しんでほしい

 大手の酒はなるべく置かない。小さな蔵が頑張って良い酒を造っていることを、たくさんの人に知ってもらいたいんです」

 不定期で杜氏を集めた試飲会や勉強会を開催するなど、酒の勉強に”真面目”な店主の木暮宏行氏。数ある東北の地酒で特にオススメしてくれたのは、宮城県の大沼酒造が誇る「乾坤一」だ。ほのかな甘みを感じながらも、キリリとした辛口ならではの喉ごしで根強いファンが多い一本である。

「今の時季は、春ならではの新筍やホタルイカといった旬の食材と一緒に楽しんでほしいですね」

 肩肘張らず、旨い肴でしっぽり飲みたい夜に暖簾をくぐってみたい店である。





◆酒味処 きの字


住:東京都豊島区南大塚2-11-12
電:03-3946-8898
営:11:30~13:30、17:30~23:00 日・祝休み
●常時45種類ほどの地酒を用意している。ランチ営業も人気。
店内にて、売り上げが酒蔵に寄付されるチャリティーバンダナも発売中


取材・文/永利彩乃 浦和ツナ子 加藤 慶 野中ツトム(清談社) 長谷川大祐(本誌) 撮影/Toshitaka Horiba 赤松洋太
取材協力/さかや栗原 麻布店 住:東京都港区元麻布3-6-17 電:03-3408-5379 ●新橋と銀座にて「和酒BAR 庫裏」も営業中

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中