バブル期にウハウハだった自動車カメラマンたちの今

カメラマンに必要なものといえばカメラ関係の機材とクルマ。編集者からどんな無茶な注文がくるかわからないので、機材はいつもフルセットで現場入りが基本です。特に大変なのが自動車カメラマンで、箱根などの峠からサーキットまで、とにかく長距離移動が多いためクルマは酷使されまくり。そんな彼らの愛車を見せてもらいました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi

◆自動車カメラマンの愛車探訪

自動車 相変わらず日本経済の支柱として頑張っている自動車業界だが、デフレと少子高齢化の影響で、国内販売はひらすら減少中。自然、自動車雑誌の販売部数は落ち込み、広告収入も激減した。

 もはや自動車マスコミ界は、消滅の危機に瀕していると言っても過言ではない!

 なかでも自動車カメラマンは、バブル期にウハウハだっただけに、転落の度合いが激しい。年間「億」を稼ぎ、スーパーカーを乗り回す大先生もいたというのに、現在は、たとえ20ページ分撮っても日当2万円が専門誌の定番相場に。毎日フルに働いても月収40万円が限度じゃん!? それでどうやってスーパーカーに乗れっちゅーねん!!

 では、自動車カメラマンは、この不況とどのように戦っているのか。カメラマンになくてはならない道具である愛車から、その戦いぶりをかいま見てみよう。

 かつて自動車カメラマンは、「何はなくとも外車」だった。国産車に乗ってると安く見られるので、とりあえず外車に乗ってなくてはダメだった。今はそんなことは言ってられない。ベンツに乗ってたってギャラは高くならない(できない)し、逆に燃費の悪いクルマで仕事に行くと、経費がかさむと敬遠されることも。そこで、国産車率がジワジワと高まっている。

 F1カメラマンとして活躍していた池之平氏の愛車は中古の日産キャラバン。ほんの数年前までランエボでブッ飛ばしてたのが、今じゃまるで水道屋さんだ。F1を全戦転戦し、ビジネスクラスで日欧を往復したのはいつの日だったか……。「鈴鹿からの帰り、ヘロヘロになる自分がフビンです」と涙ながらに語る。

⇒【愛車の画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/343689

 A出版の社員カメラマンだった古閑氏にいたっては、10年50万kmを走破したトヨタ・プロボックス! 華やかな横文字職業どころか、プラッシー配達のお米屋さんですか? 50万kmと言うと、「クルマの耐久性の極限に挑戦」という色合いも濃い。自動車マスコミ界はインド化していた!

⇒【愛車の画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/343689

 新車の外車を買う勝ち組もいるが、それとて乗れるところまで乗り尽くされる。もちろんスーパーカー組は皆無だ。

 救いは、おしなべてクルマの耐久性が上がっていることだろうか。なにしろ自動車カメラマンは距離を走る。年間数万kmは走る。10年乗れば数十万kmになる。ところが現在は、どんな車種でも30万kmくらい走れるようだ。エンジンを載せ換えればイスカンダルまでも!

【結論】
みなさん、それぞれの生き方で力強く生き残ってらっしゃいます。我々もそれを励みにがんばろうじゃありませんか。プラス、クルマってこんなに長い距離乗れるんだ! ということも、励みにしようじゃないですか

⇒【後編】不況と戦う自動車カメラマンの愛車を拝見
http://nikkan-spa.jp/343689


― 不況下でも年間数万km超走る自動車カメラマンの愛車を並べてみた!【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中