究極の自動車趣味 F1マシンを買ってみたらこうなった

 マンガやアニメの世界ならともかく、現実にはほかのクルマと一緒に公道を走らせられないF1マシン。そんなものを買っていったいどーするのか?っていうか、F1マシンっていくらで買えるの?趣味が高じて、F1マシンを手に入れてしまった人々に、F1マシンを買うことの意味を問うてみました!

F1MJブロンディ=文 Text by Shmizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆究極の自動車趣味F1マシンを買ってみたらこうなった!

 アベノミクスのお蔭で、日本全体がアゲアゲ気分になりつつあるのは、心の底からお目出度いことである。ついこの間まで「何をやっても日本はもうダメ」、「増税が唯一の救いの道」みたいなことをほざいていた日本破滅論者たちもパッタリ静かになった。安倍総理の仰るように、政治は結果がすべてなのだ!

 そこで今回は、諸君に真のアゲアゲな世界を見せよう。それは、究極の自動車趣味「F1マシンを買うということ」だ!

 中古フェラーリ販売店『コーナーストーンズ』代表の榎本修氏は、昨年夏、ドイツのオーナーからF1マシンを購入した。かつて中嶋悟選手が乗った「ティレル019」だ。

榎本氏「フェラーリに乗りたくてトヨタを辞め、中古フェラーリ屋に転職して、28歳でフェラーリを、40歳を過ぎてカウンタックを買うことができまして、夢はほとんど実現したんですが、唯一残っていた夢がF1マシンだったんです」

 本心では、F1マシンよりも、学生時代に憧れた“中嶋悟”そのものが欲しかったのだが、「それはムリなのでF1マシンを買いました」。

 F1マシンなんか買ってどーするの? 飾っておくの? と思うかもしれないが、サーキットに持ち込めば走らせることができる。費用は1回数十万円ほど。年に数回で十分なので、それほど莫大な出費ではない。そしてそのヨロコビは、まさに天上界級だという。

⇒【後編】「F1マシンは、思ったより安上がり」F1オーナーの弁 http://nikkan-spa.jp/415224

⇒【写真】時空を超えてウィリアムズホンダとバトルをした中嶋ティレル http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=415263

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中