世界最速レベル・625馬力のスーパーカーの乗り心地は?

毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)大試乗会から今年もお声がかかった本誌取材班。目玉はなんといっても、あのマクラーレンが手掛けた市販車「MP4-12C」。人気車種ゆえ、試乗枠は抽選でしたが、数多の自動車専門誌を退けて当選! 我々、貧乏人には一生縁がない雲上界の超絶スーパーカーを運転することができ、至福の時間を過ごしました!

マクラーレン

何はともあれ、憧れのマクラーレンを運転できて幸せでした。天国に旅立ったおばあちゃんもきっと許してくれると思います(K)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

⇒【前編】はコチラ

◆シロート3人が2790万円のスーパーカーに乗ってみた!【後編】

 では、本誌シロート衆は、世界最速レベル・625馬力のスーパーカーに乗ってどのように感じたのか? まずは前担当の副編Tから。

T「雨だったこともあり、怖くてちっとも踏み込めませんでした。まあ飛ばせたにせよ、すごく速かったです程度の感想しかないと思いますが」

 シロートにいいものを食わせても「おいし~い!」としか言えないのと同じである。

T「ただ、全体の印象は、ファンサービスが足りないという感じです。プロ野球でいうと元ロッテの小坂みたいな感じでしょうかね。その点、ちらっと覗いたフェラーリの室内は、ゴージャスで素敵でした。さすが、金持ちの気持ちがよくわかっていると思いました」

 元ロッテの小坂! スマン、知りません。次、前々担当のA。

A「雨で、625馬力のドッカンぶりも、カーボンモノコックボディもエアブレーキの性能もなーんにもわからなかったけど、一生縁がないと思ってたマクラーレンに乗れて幸せでした! 帰路、MJさんのフェラーリの助手席で、マクラーレンとは対照的な官能サウンドに昇天しました。マクラーレンが自動車技術の頂点なら、フェラーリは自動車芸術の頂点ですかね」

 実に的を射ている。速さのマクラーレン、官能のフェラーリなのだ。最後に、祖母の通夜よりマクラーレンを選んだ現担当K。

K「前乗ったMJさんのカウンタックより運転しやすかったです」

 それは当たり前。

K「フェラーリと比べると高級感がないです。マクラーレンのほうが運転マニア向けですかね?」

 それはその通り。

K「ドアを開けるとき、ヘンなところを撫でる仕組みですけど、あれはスケベおやじがお姉さんのお尻を触ってるみたいでした」

 シロートをスーパーカーに乗せても、この程度の感想しか出ないということがよくわかりました! 以上報告終わり!

【結論】
ドライ路面でマクラーレンのアクセルを床まで踏み込み8500回転までブチ回すと、ドッカンターボの超絶加速Gが立ち上がり一発で車酔いします。フェラーリはひたすら気持ち良くなるのでそこが最大の違いですネ!




おすすめ記事