放射能汚染を恐れて避難費用300万円超、安住の地が見つからない

アングラ, 東日本大震災, 犯罪, 被災地 歌手のUAをはじめ、原発事故直後、放射能汚染を恐れ、東京から沖縄・九州地方などに避難する人がいた。専業主婦の朝田雪子さん(仮名・34歳)もその1人だ。

「娘が生まれてすぐだったので、福島第一原発事故のニュースを見て、すぐに実家のある名古屋に避難。2か月後にはツイッターで仲良くなったママ友を頼って沖縄に移住することにしました」

 沖縄に移住した当初は、県北部の移住者コミュニティに参加。だが、自給自足の生活スタイルに耐えられず、すぐにホテル暮らしに移ったという。

「でも、沖縄に来てから知ったんですけど、台湾にも原発があるんですよね。台湾は核燃料廃棄物の扱いがかなり杜撰だと聞いて、台風のたびに放射能が漏れるんじゃないかって怖くなって……。もう沖縄にも居られないって思い、福岡にマンションを借りました」

 しかし、この新天地も安住の地にはならなかった。次に彼女を襲ったのは、中国から飛来する黄砂とPM2.5だ。

「洗濯物は外に干せないし、窓も開けられない。2歳になる娘はじんましんになって、私も子供の頃、喘息持ちだったから健康被害が心配でした。何のために福岡まで逃げてきたのかわからなくなっていたとき、東京に一人残してきた夫から『東京で気密性の高いマンションに住もう』と言われ、3月頭に戻ってきました」

 流浪の旅にかかった費用は、総額300万円超。都内の高級マンションは彼女の安住の地になるか。

― 震災で一儲けを狙った[火事場泥棒たち]の今【2】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中