異臭カルボナーラ、甘い麻婆豆腐…味覚音痴な嫁の手料理に失神寸前

愛する妻の手料理を「マズい!」と感じたときこそ、男子一生の正念場だ。ぐっと腹中深くに不満を呑み込み、メシマズ嫁に耐えている男たちの心の声を拾った

<味覚オンチ編>余計な味付けで料理が激マズ化

メシマズ つゆや味噌汁の濃さなど、育った環境によって味覚がズレるのは夫婦でよくある話。しかし、味覚自体にレッドカードを突きつけたくなることもある。

「おぞましいことに、なんにでもラー油や七味、マヨネーズをぶっかける」(33歳・不動産)

 こうした偏った味覚もあれば、味覚の回路が狂ったケースも。

「今まで食べた中で一番マズかったのは、あずきカレー。甘党なのは知っていたけど、気が触れたのかと思った」(31歳・IT)

 ニコニコとカレーの皿を持ってきた嫁に殺意を抱いたという。

◆余計な創意工夫がさらなる被害を生む!

 こうした味覚オンチに限って、余計なおせっかいをしてくるのも特徴である。

「見た目こそおいしそうなカルボナーラだったけど、強烈な異臭で吐き気が。炒める際に、魚の油を使ったらしい。悪びれる様子もなく“魚の油って体にいいんだよね”と語っていたので、殺意を覚えた」(30歳・ホテル)

 想像しただけでも吐きそうになってしまう一品だ。

「最悪なのはカレー。ヨーグルトやチョコなんかの隠し味を入れるとか、凝れば凝るほど逆効果。パッケージの裏に書いてある通りに作ればいいのに!」(33歳・証券)

 どうしたらそんなミスになるのか、疑問を禁じえない例もある。

「麻婆豆腐で唐辛子と砂糖の量を間違えたらしく、湯気で涙が出るほど辛くて味はむちゃくちゃ甘かった。なんとか完食したが、世界戦後のボクサーみたいに顔がパンパンに腫れた」(36歳・会社員)

 まずは、書いてあるレシピ通り作るところから始めてみては。

イラスト/石井匡人
― 男が悲嘆する[メシマズ嫁]レシピ集【4】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中