ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?

ハイブリッドカー市場では、アクアやプリウスを要するトヨタ政権が長期化しております。トヨタの一強。そんななか、2015年からF1復帰など最近、かつての勢いを取り戻しつつあるホンダが2つのハイブリッド(HV)を開発。トヨタに挑戦状を叩きつけてきました。その出来栄えは? 私の愛車・大和(ド中古の初代プリウス)で挑んでみました!

ホンダMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira masanobu

◆トヨタが独占するHV市場に待った!ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?

 9月に発売されるホンダの新型フィットHVが、トヨタ・アクアを抜いて燃費世界一の座に! というニュースは、アクアオーナーの私にとって衝撃だった。

 日本的な低速交通環境においては、トヨタのHVがエコ世界一の座を16年間独占してきたが、ついにそれが崩れる! アベノミクスによるデフレ脱却の兆しも16年ぶり。これは吉兆か!?

 ハイブリッドカーの分野では、トヨタが世界生産の7割を占めてきたが、そこにホンダが強敵として台頭すれば、競争激化で市場は活性化する。日本経済の復活にとってもプラス材料だ。

 しかも、フィットHVの試作車に試乗した者によれば、「飛ばしても楽しいHV」だという。

 プリウスにせよアクアにせよ、時速80km以下でのんびり走っていれば、独特の癒し感や路面を滑るようなスムーズ感が味わえて爽快だが、それを超えるとだらしない。つまり修羅場に弱い草食系である。

 が、フィットHVは、欧州で主流のツインクラッチATの導入もあり、逆にノロノロでは少しギクシャクするが、飛ばすと具合がイイ武闘派HVだという。

 海外ではハイブリッドに対して、「環境オタクが乗るフヌケカー」という負のイメージがあるので、それを克服し、日本に国富をもたらしてくれると期待できる。

 ところでホンダは、フィットHVの前に、別の本格的HVを発売している。それが新型アコードだ。こっちはどうなのか?

⇒【写真】「アコードHV」はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=492894


 実はアコードHVは、フィットHVとはまるで別のハイブリッドシステムを持っている。つまりホンダは、短期間にHVのツートップを投入してきたわけで、その意気込みはすさまじい。

 で、どんなハイブリッドシステムかというと、「発電器付き電気自動車」とでも言うべきもので、発表早々電池の発火でリコールになった三菱の「アウトランダーPHEV」に似たメカニズムだ(リコールとは無関係にメカニズムとして)。

 つまり、走行は基本的に強力な電気モーターで行い、エンジンは発電用。高速道路で飛ばす時のみ、エンジンでもタイヤを駆動する。トヨタのそれは、エンジンとモーター半々ぐらいで走るので、この点が大きく違う。

 これのメリットは、ズバリ「燃費がいいこと」。アコードはクラウンに匹敵する大型セダン。重さ1.6トン以上ある。それでカタログ燃費リッター30kmを達成し、プリウスに迫っているんだから凄いじゃないか。

 で、本当に凄いのか? 本当にトヨタのHVを上回ったのか? クルマがデカい分をハンデと考え、現行プリウスやアクアではなく、退役間近の我が大和(ド中古の初代プリウス)と比べてみた。

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/492761

― ホンダのHVツートップ戦略【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中