ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?

ハイブリッドカー市場では、アクアやプリウスを要するトヨタ政権が長期化しております。トヨタの一強。そんななか、2015年からF1復帰など最近、かつての勢いを取り戻しつつあるホンダが2つのハイブリッド(HV)を開発。トヨタに挑戦状を叩きつけてきました。その出来栄えは? 私の愛車・大和(ド中古の初代プリウス)で挑んでみました!

ホンダMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira masanobu

◆トヨタが独占するHV市場に待った!ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?

 9月に発売されるホンダの新型フィットHVが、トヨタ・アクアを抜いて燃費世界一の座に! というニュースは、アクアオーナーの私にとって衝撃だった。

 日本的な低速交通環境においては、トヨタのHVがエコ世界一の座を16年間独占してきたが、ついにそれが崩れる! アベノミクスによるデフレ脱却の兆しも16年ぶり。これは吉兆か!?

 ハイブリッドカーの分野では、トヨタが世界生産の7割を占めてきたが、そこにホンダが強敵として台頭すれば、競争激化で市場は活性化する。日本経済の復活にとってもプラス材料だ。

 しかも、フィットHVの試作車に試乗した者によれば、「飛ばしても楽しいHV」だという。

 プリウスにせよアクアにせよ、時速80km以下でのんびり走っていれば、独特の癒し感や路面を滑るようなスムーズ感が味わえて爽快だが、それを超えるとだらしない。つまり修羅場に弱い草食系である。

 が、フィットHVは、欧州で主流のツインクラッチATの導入もあり、逆にノロノロでは少しギクシャクするが、飛ばすと具合がイイ武闘派HVだという。

 海外ではハイブリッドに対して、「環境オタクが乗るフヌケカー」という負のイメージがあるので、それを克服し、日本に国富をもたらしてくれると期待できる。

 ところでホンダは、フィットHVの前に、別の本格的HVを発売している。それが新型アコードだ。こっちはどうなのか?

⇒【写真】「アコードHV」はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=492894


 実はアコードHVは、フィットHVとはまるで別のハイブリッドシステムを持っている。つまりホンダは、短期間にHVのツートップを投入してきたわけで、その意気込みはすさまじい。

 で、どんなハイブリッドシステムかというと、「発電器付き電気自動車」とでも言うべきもので、発表早々電池の発火でリコールになった三菱の「アウトランダーPHEV」に似たメカニズムだ(リコールとは無関係にメカニズムとして)。

 つまり、走行は基本的に強力な電気モーターで行い、エンジンは発電用。高速道路で飛ばす時のみ、エンジンでもタイヤを駆動する。トヨタのそれは、エンジンとモーター半々ぐらいで走るので、この点が大きく違う。

 これのメリットは、ズバリ「燃費がいいこと」。アコードはクラウンに匹敵する大型セダン。重さ1.6トン以上ある。それでカタログ燃費リッター30kmを達成し、プリウスに迫っているんだから凄いじゃないか。

 で、本当に凄いのか? 本当にトヨタのHVを上回ったのか? クルマがデカい分をハンデと考え、現行プリウスやアクアではなく、退役間近の我が大和(ド中古の初代プリウス)と比べてみた。

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/492761

― ホンダのHVツートップ戦略【1】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中