カーライフ

S660とロードスターがあれば、これより速いクルマも高いクルマも不要なり

清水草一(S660納車待ち)×渡辺敏史(ロードスター商談だけ)両氏による恒例の自動車放談は、今回で11回目。愛すべきクルマバカの2人が“ちょい飲み”絶好調の日高屋で、上半期の自動車業界を振り返り、下半期に思いをはせる。
ニッポン自動車業界[奇跡の2台]!

もっともっといいクルマ、つくりましょう!

◆ニッポン自動車業界[奇跡の2台]! 【第11回クルマバカ放談 2015年 上半期編】 清水草一(自動車ライター)×渡辺敏史(自動車ライター) 清水:ナベちゃん、マクラーレンP1乗った? 渡辺:乗ってないです。あの手合いは918しか乗れてないです。 清水:918もボタン押すの? 渡辺:ありますよ、速いボタン。 ――1億円もするようなスーパーカーの話は『ベストカー』(連載「エンスー解放戦線」)でやってください。 清水:オレは今年、我がクルマ人生の岐路に立ったんだよ! 渡辺:それはどういう意味ですか? 清水:もうこれ以上速いクルマはいらん! これ以上高いクルマもいらん!という境地に達したんだよ。 渡辺:それは要するに、そのレースから脱落するということですか? 清水:もう完全に離脱だよ! なにしろS660とロードスターという、とてつもない傑作が出たから! 渡辺:この2台が同じタイミングで出たのはすごいことですよね。 清水:まさに惑星直列だよ! ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=889609
ニッポン自動車業界[奇跡の2台]!

マツダ・ロードスター:249万4800円~

渡辺:それにしてもS660の発表会に出たその足で契約しに行くって、S660の何がそんなに響いたんですか? グルメ飯ばっか、しこたま食べてきた人が、日高屋に来て感動するみたいなパターンですか(笑)? 清水:このあいだユニクロでエアリズムのブリーフを780円で買ったの。もうこれ以上のブリーフはいらない!って感動したんだ。これこそまさにS660だってね。 渡辺:エアリズムのブリーフ買うなんてセレブですよ。普通みんなドンキで2枚580円とかで買ってんですから(笑)。ボクも相当ユニクロには通ってますけど、エアリズムのブリーフは手が出ない。 清水:ドンキのブリーフははいたことないけど、2枚580円と1枚780円の、その差が重要なんだよ。エアリズムは本物だ。S660の支払総額240万円というのも、軽としては高いけど、それだけ出す価値がある本物ってこと!
ニッポン自動車業界[奇跡の2台]!

ホンダS660:198万円~

渡辺:限定車(660台)の抽選会にも行ったんですよね。 清水:行ってよかったよ! ご来場サービスってことで、オプション5万円券もらったんだ。商談のとき、オプションからは5万円引いてもらったけど、さすがに値引きの話はまったく出なかったね。国産車で値引きの話が一切出ないなんて、うれしいじゃないですか! 渡辺:ロードスターはいの一番で商談しましたけど、「一律5万円引きで決まりです」って。 ――S660にはフェラーリに匹敵する歓びがあるんですか? 清水:あるね。コペルニクス的な大転換で、フェラーリやマクラーレンの新車なんてもうダサい! そんなのまだ買うの?って。 渡辺:でも458乗ってますよね? 清水:乗ってんだけど(笑)、フェラーリは458を最後にもう買わなくていい。新しい488GTBはどう見てもS660に敵わないね、クルマの魅力として。たぶん(笑)。 渡辺:大乗フェラーリ教教祖さまがそんなこと言っていいんですか? 清水:S660かロードスターを買わないマニアはアホだよ! オレはいずれロードスターも買うから。 渡辺:その予感はボクもしてます。買うと思います。そしていずれS660も買うと思います。中古で78万円とかなったら(笑)。 ――ホンダはS660以外、新車販売もF1も大苦戦中ですが。 清水:S660出したんだから、ほかはいいよ。 渡辺:あれだけで値千金! 清水:いまや椋本クン(S660開発責任者)は最大のスターだよ!
ニッポン自動車業界[奇跡の2台]!

S660開発責任者の椋本陵さん(26歳)2015年ニッポン自動車業界最大のヒーロー!

渡辺:12兆円企業の一部員でありながら、彼はよく高校球児っぽい感じを保ててますよね(笑)。 ――上半期はS660とロードスターに尽きるようですが、輸入車は? 清水:輸入車なんかまだ欲しいの? 渡辺:この半年、これほど輸入車に目が向かなかった年はなかったですね。そのなかで人知れずVWとメルセデス・ベンツが覇権争い。VWが減らしてメルセデスが増えてるから、今年日本で一番売れた輸入車がメルセデスになるかも。 ――いつもこの対談のネタで大半を占めるトヨタは? 清水:そういえばミライ(燃料電池車)の話してないじゃん。 渡辺:あれはトヨタにしかできない所業ですから。 清水:あれこそトヨタのノブレス・オブリージュだよ。 ――決算は日本企業初の利益2兆円超え。今年度は2兆7000億円予想と、業績絶好調です。 渡辺:トヨタがこの調子であと60年頑張ってくれたら、国の借金チャラになりますよ(笑)。 清水:ありがたいよね。 ――下半期は東京モーターショー開催にNSX、プリウスが控えてます。 清水:NSXは開発中止でいいよ。乗ると面白いかもしれないけど、カッコ悪すぎる。デザインが大敗北! 渡辺:ホンダのデザインは壊滅的ですね。 清水:NSXのことを考えるのはやめよう。日本にはS660があるじゃないか! 日本人しか乗れないんだから。 渡辺:知り合いから聞いたんですけど、もうイギリスに5台くらい輸出した業者がいるって。 ――リッター40㎞の大台を達成すると噂されるプリウスは? 清水:もう燃費はあきたね。せいぜい実燃費は23㎞くらいでしょ? 渡辺:街中でコンスタントに20㎞は出るでしょうね。街中20㎞っていったら、もうバイクですよ。 清水:アクアだって街中20㎞くらい出るからさ。前から言ってるけど、高いハイブリッドの元は取れないよ。 渡辺:その瞬間、得したという勝利感に弱いんでしょうね。 ――下半期に何か夢と希望は? 清水:次の消費税アップは2017年春だっけ。とにかくそれまでに、どれだけ景気の勢いをつけるかでしょ。じゃないと再増税でまた死んじゃうからさ。 渡辺:もっともっと!ですよね。 清水:だから、ナベちゃんもクルマ買わなきゃダメなんだよ! 渡辺:FD(RX-7)車検出してる場合じゃないですね(笑)。 清水:オレはS660が来れば、頑張って4台体制になるわけだよ。 渡辺:一個人としては相当な布陣ですね。 清水:日本経済復活のために、個人でできることはすべてやる! 渡辺:清水家は戦時体制ですね(笑)。 ◆下半期もいいクルマ出ます!【新車スケジュール予想】 <7月> トヨタ・シエンタ、VWパサート <8月> レクサスLX、アウディTT <10月> レクサスRX、ホンダNSX、ホンダ・シビックタイプR フィアット500X、ジープ・レネゲード 東京モーターショー(10月29日~11月8日) <11月> トヨタ・プリウス <12月> 三菱デリカD:2、スズキ・ソリオ ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=889612 取材・文/コンコルド足立 写真/Honda MAZDA TOYOTA VW Audi FCA
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事