断捨離は人生を選択するトレーニングになる

やましたひでこ

やましたひでこ氏

モノの流入を断ち、要らないものを捨て、執着から離れるという「断捨離」を提唱してきたやましたひでこ氏によると、捨てられない原因は、「自分とモノとの関係性を意識していないから」だという。

「断捨離において、誰かの命令で『捨てさせる』というのはあり得ません。自発的に捨てることを選ぶのです。捨てるにあたり、自分がそのものに対してどういう意識なのかを確認することが必要です。例えば、無意識でなんとなく持っているもの、関係が曖昧なもの、明確に必要だから置いているものとの3つに分けて、意識レベルの高い低いを検証していきます

 しかし、結果的に手放すに至らないのが現実なわけで……。

「それは、そのアイテムが二度と手に入らないと無意識に思い込んでいるから。つまり自分の未来を信用していない表れです。なぜ『捨てたい』か、なぜ『捨てたくないか』を自分に問いかけ、考察しましょう。もちろん簡単ではありませんよ。でもいつまでも決断を保留するということは、同じような人生を歩み続けること。断捨離を繰り返すと、人生を自分で選択できる技術が身につきます。トレーニングだと思い、ひとつずつ決断していきましょう」

 ちなみに、我々がやりがちなのが、捨てられないモノを実家に送りつけるという行為。やました氏はこれを「言語道断」と一蹴。

「自分が増やしたものは自分で始末すべきです。ご両親がモノに溢れて苦しい生活をするのをわかっているのでしょうか?」

 はい、反省します。今回、そんなやました氏の自宅を拝見させていただいたのだが、見える空間はさることながら、見えない収納スペースのモノのなさに驚かされる。

「世間で言う片づけ収納とは、空間をいかに有効活用するかとか、定位置に戻すことに焦点を当てていますが、あまり拘束をしないのが断捨離です。さすがにここまで追求するのはかなり時間がかかります。まずは自分の部屋にあるモノの過剰さに焦点を当てることから始めては。自分の居心地のいい空間をクリエイトするという意識で始めればきっとモノの処分が愉しくなると思いますよ」

【やましたひでこ氏】
大学在学中に断捨離に出合い、以降、クラター(ガラクタ)コンサルタントとして全国でセミナーを開催。著書『新・片づけ術 断捨離』を中心に関連本はベストセラーを連続

― それでも「捨てられない」アナタへの最終案内【6】 ―

新・片づけ術 断捨離

自分の内在智や運気を磨く「断捨離」へ

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中