『原発ホワイトアウト』登場人物のモデルとなった新潟県知事を直撃

泉田裕彦,原発ホワイトアウト

泉田裕彦氏

“原子力村”の内部事情をよく知る現役官僚が書いた小説『原発ホワイトアウト』(講談社刊)が人気だ。

 SPA!取材班は、同小説の登場人物のモデルと思われる人物を直撃、小説内では再稼働を阻む新埼県の伊豆田知事のモデルである新潟県知事、泉田裕彦氏を直撃した!

◆メルトダウンしない前提の“安全基準”は非常に危険だ!!

――『原発ホワイトアウト』を書いた現職官僚が懸念しているのは、外国に比べて甘い安全基準のまま原発再稼働に突き進めば、結局再びメルトダウンが起こってしまうということですが。

泉田:それは同感です。例えば、ヨーロッパの原発は「メルトダウンは起きる」という前提で設計されている。核燃料の冷却に失敗をすれば、溶けて下に落ちるわけです。福島原発事故では落ちたときに何の対処もしていないから、結果として大量の放射能を放出してしまった。そこで欧州では「コアキャッチャー」という設備を設置して、メルトダウンした場合に燃料が流れ込むようにしているわけです。

米国は9・11テロの後に規定を設け、いざというときに部隊が緊急展開して冷却できるシステムを持っている。ソフトか、ハードで対応するのかの違いはあれど、「メルトダウンは起きる」との前提で考えているのが世界の潮流です。

ところが日本の技術委員会の議論を聞いていると、「メルトダウンが起きる」という前提の議論をしていないのです。メルトダウンがいかに起きないのかを必死で説明している。これは第二の安全神話を作るのにほかならないし、政府全体で原発輸出をしたら製造物責任を問われる事態を招きかねない。「メルトダウンは起きる」という前提で議論をしてもらわないと本当に困るという意味で、『原発ホワイトアウト』で言われているリアリティには同感です。

 週刊SPA!12月17日発売号では、泉田知事にさらに原発のテロ対策の現状など突っ込んで話を伺っている。また、同小説に登場する河野太郎氏や前福島県知事の佐藤栄佐久氏なども登場。小説で描かれた世界の「現実度」について迫っている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

【泉田裕彦氏】
新潟県知事。「福島原発事故原因の徹底検証をしたうえで、世界レベルの新しい安全基準を作るべき」と主張している。住民の安全を守る立場を貫き、『原発ホワイトアウト』の中では、再稼働を阻む新崎県・伊豆田知事として登場

原発ホワイトアウト

日本を貪り食らうモンスター・システム。現役キャリア官僚のリアル告発ノベル

週刊SPA!12/24号(12/17発売)

表紙の人/中村アン

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中