突然死んだら…ネット銀行に貯めたお金はどうなる?

「終活」の発想もないまま、30~40代の若さで突然亡くなった人々の周囲では予期せぬトラブルが発生している。そんな事例を見聞きした200人にアンケートを取ったところ、「デジタル機器に残されたデータ」が原因で起きたトラブルは、過半数の102件に。死後にムダな恥をかかないためにも、即刻デジタル周りの管理体制を見直せ!

◆「ネット上の資産」を宙に浮かせるな!

終活「デジタル絡みの死後トラブル」102件のうち、実はもっとも多かったのが、「故人が管理していたネット銀行口座やネット証券口座の詳細がわからなくなった」というもの(28件)。「夫の遺品にネット証券口座を開設したときの書類が見つかったので、さっそく資産を確認しようとアクセスしたら、パスワードが変更されていてログインできなかった」(45歳・主婦)。

 ネット銀行の場合、死亡届が提出された時点で口座が凍結されるが、証券口座はその限りではないので、IDとパスワードさえわかれば、本人の代わりに取引を続けることも現実的には可能。ところが、IDとパスワードがわからないばかりに「相続」という形を取ろうとすると、手続きに1か月以上かかる。無論、相続の手続きは早晩行わなくてはならないが、今すぐ現金化したい資産などがあった場合、このタイムロスは痛い。

 また、当たり前だが、口座の存在自体を遺族が知らない場合は、相続のしようがない。さすがに、定期的に送られてくるはがきなどでいつかは気がつくはずだが、気づかれないままだと、あなたが貯めたカネが宙に浮くことに……。

 というわけで、SNS同様、ネット系マネーサービスについても、IDとパスワードをリスト化して、家族に託せるようにしておきたい。

「僕の場合、各口座のIDとパスワードをエクセルにまとめてプリントアウトし、預金通帳に挟んでいます。特に家族には伝えていませんが、僕に万一のことがあっても、すぐ見つかるはずですよ」(サラリーマン投資家のK氏)

― 35歳から始める[デジタル終活]完全ガイド【5】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中