マヤ暦に間違いが…地球滅亡は’12年ではなく今年だった!

 数年前、「’12年人類滅亡説」という都市伝説が巷を賑わせた。噂の根拠となったのはマヤ暦だ。マヤ文明には、「長期暦」と呼ばれる正確無比な暦が存在した。その暦が’12年12月に終わることから、人類滅亡の噂が囁かれていたのだ。

マヤ暦に間違いが!? 地球滅亡は’12年ではなく今年だった! もちろん、結果的に人類は滅亡しなかった。しかし、3年後の今年、新たな人類滅亡説が浮上。マヤ暦研究の第一人者、ロバート・ワナメーカー氏が、「暦の計算を間違っていた」と認めたのだ。

 オカルトサイト「TOCANA」編集長・角由紀子氏は言う。

「数年前から多くの予言者が’14~’15年が危ないと指摘してきた。第三次世界大戦や大災害が起きる可能性は高いと思います。ちなみに’99年滅亡説で有名なノストラダムスも、実は’15年の予言を残しており『世界が焼け焦げる』としている。偶然ではないでしょう」

 一方で、’15年人類滅亡説をバッサリと切って捨てるのは、オカルト研究家の山口敏太郎氏だ。

「過去にマヤ人の子孫にも直接話を聞いたことがありますが、滅亡説はすべてデタラメ。滅亡説が頻繁に流れるのはオカルト業界人のカネ儲けのためです。彼らには’99年のノストラダムスの予言で大儲けした体験が染みついている。仲間内で『次はいつ仕掛けるか』など頻繁に話し合っているのを耳にします。おそらく、’20年を前後してまた出てくると思いますよ」

 山口氏は、人類滅亡説などオカルトを取り巻く事情が変わってきているとも付け加える。

「ネットが普及し、若い人たちが簡単にオカルトを信じなくなったのは救いです。日本だとあまり正確な記事は出てきませんが、英語圏の情報を拾えば、オカルト情報もかなり科学的かつ客観的に解明されているんです」

 地球滅亡説にもリテラシーの時代が到来したということか。それはそれで’15年らしいイシューではある。一方で欧米では、ネット発の有名預言者、ジョン・タイター氏が「ロシアがアメリカに核爆弾を発射し、第三次世界大戦になる」と預言。今の米ロ関係を見ると、あながちデタラメとも思えない。さて、人類の運命やいかに!?

【山口敏太郎氏】
作家、漫画原作者、ライターおよびオカルト研究家。オカルトや都市伝説に詳しいオールラウンドプレイヤー。共著に『テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します』など

― 2015年はヤバい一年になる!【5】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中