雑学

マヤ暦に間違いが…地球滅亡は’12年ではなく今年だった!

 数年前、「’12年人類滅亡説」という都市伝説が巷を賑わせた。噂の根拠となったのはマヤ暦だ。マヤ文明には、「長期暦」と呼ばれる正確無比な暦が存在した。その暦が’12年12月に終わることから、人類滅亡の噂が囁かれていたのだ。

マヤ暦に間違いが!? 地球滅亡は’12年ではなく今年だった! もちろん、結果的に人類は滅亡しなかった。しかし、3年後の今年、新たな人類滅亡説が浮上。マヤ暦研究の第一人者、ロバート・ワナメーカー氏が、「暦の計算を間違っていた」と認めたのだ。

 オカルトサイト「TOCANA」編集長・角由紀子氏は言う。

「数年前から多くの予言者が’14~’15年が危ないと指摘してきた。第三次世界大戦や大災害が起きる可能性は高いと思います。ちなみに’99年滅亡説で有名なノストラダムスも、実は’15年の予言を残しており『世界が焼け焦げる』としている。偶然ではないでしょう」

 一方で、’15年人類滅亡説をバッサリと切って捨てるのは、オカルト研究家の山口敏太郎氏だ。

「過去にマヤ人の子孫にも直接話を聞いたことがありますが、滅亡説はすべてデタラメ。滅亡説が頻繁に流れるのはオカルト業界人のカネ儲けのためです。彼らには’99年のノストラダムスの予言で大儲けした体験が染みついている。仲間内で『次はいつ仕掛けるか』など頻繁に話し合っているのを耳にします。おそらく、’20年を前後してまた出てくると思いますよ」

 山口氏は、人類滅亡説などオカルトを取り巻く事情が変わってきているとも付け加える。

「ネットが普及し、若い人たちが簡単にオカルトを信じなくなったのは救いです。日本だとあまり正確な記事は出てきませんが、英語圏の情報を拾えば、オカルト情報もかなり科学的かつ客観的に解明されているんです」

 地球滅亡説にもリテラシーの時代が到来したということか。それはそれで’15年らしいイシューではある。一方で欧米では、ネット発の有名預言者、ジョン・タイター氏が「ロシアがアメリカに核爆弾を発射し、第三次世界大戦になる」と預言。今の米ロ関係を見ると、あながちデタラメとも思えない。さて、人類の運命やいかに!?

【山口敏太郎氏】
作家、漫画原作者、ライターおよびオカルト研究家。オカルトや都市伝説に詳しいオールラウンドプレイヤー。共著に『テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します』など

― 2015年はヤバい一年になる!【5】 ―




おすすめ記事