「Apple Watch」の原点は日本にあった!’80年代に登場したウェアラブルガジェットたち

 巷では4月発売の「Apple Watch」が話題になり、一時は「期待はずれ」感もあったスマートウォッチやウェアラブル端末市場に再び熱い視線が注がれている。

 しかし、そんなウェアラブル端末の原点ともいうべきアイテムが80年代の日本で登場していたのをご存知だろうか?

画像提供/「SICURA-MEN」

 ’82年にセイコーが発売した「TV WATCH」である。液晶サイズは1.2インチで、屋外で見やすい反射型液晶を採用。この時代の低性能な液晶を、CMOSアクティブマトリクス液晶を採用することで動画の表示を可能にしたという。ただ、時計本体は違和感のない軽さだが、テレビを見るにはチューナーとヘッドフォンも必要だった。

「小さすぎてテロップは読めない、移動しながらだと電波が受信しにくい、実用性には乏しいものでしたが、国産時計好きとしては、時計と分割させてまでテレビをつけた『TV WATCH』にかけられた意気込みを感じずにはいられません。デジタル時計の最終的進化のひとつといえるでしょう」(腕時計コレクター&デザイン集団「SICURA-MEN」主宰UT氏)

 セイコーはその後、’84年にキーボードと合体させて使うギミックの“腕コン”「UC-2000」、’85年にはEPSONからスケジュール登録機能、メモ機能、ワールドウォッチ機能、電卓機能、パソコンとの通信機能を搭載したRC20を発売。ウェアラブルガジェットへのこだわりを見せていたのである。

 30年以上の時を経て、いま再び最先端の技術で盛り上がる「ウェアラブル端末」ブーム。原点は日本にあったのである。

地デジ移行化に伴い、現在はテレビ視聴できず。発売当時の価格は10万8000円。画像提供/「SICURA-MEN」

 <取材・文/週刊SPA!編集部>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中