デジタル

Apple Watchがさらに便利になるアプリ6選。欲しい情報は即入手

 Apple Watchのユーザー数はすでに1億人を突破しているという調査結果が出ており、今でもハイペースにファンを増やしている。ただ、標準設定のまま時計と活動量計として使っている人が多いような気がする。  Apple WatchもiPhoneと同じようにアプリをインストールして便利に使える。画面が小さいのでできることは限られているが、手元で操作、閲覧できるというメリットを活かしたアプリもたくさんある。今回は、Apple Watchがさらに便利になるお勧めアプリを6つ紹介しよう。
Apple Watch

Apple Watchにアプリをインストールしてもっと活用しよう!

走るべきか歩いてもいいかはApple Watchを見れば分かる

Yahoo!乗換案内  家を出て駅に向かう際、知りたいのは、次の電車が何分後かということ。このままで間に合うのか、急げば間に合うのか。間に合わないならとろとろ歩いてもいい。しかし、スマホで時刻表を開いて、現在時刻と突き合せるのは面倒臭い。そんなことをするくらいなら、歩き続ければいい。  しかし、「Yahoo!乗換案内」をインストールし、iPhone側でよく使う駅を登録しておけば、アプリを起動するだけで、何分何秒後に次の電車が出るか確認できる。しかも、残り時間はカウントしてくれる。間に合わないなら、下にスライドすれば以降の電車も確認できるのだ。
yahoo乗り換え

次の発車時間までをカウントダウンしてくれる

乗り換え案内

以降の電車の情報も確認できる

ラジオや有線などで気になる曲がかかったら「Shazam」に聞け

Shazam  カフェやバーのBGMが耳に飛び込んで来た時、「あ、懐かしい、この曲なんだっけ」とか「うわ、超好み。誰の曲?」ということがある。そんな時は、Apple Watchで「Shazam」を起動し、Sマークをタップするだけ。  曲名とアーティスト名をすぐに調べてくれる。魔法みたいなアプリなので、音楽好きはぜひインストールしておこう。
Shazam

アイコンをタップ

Shazam

流れている曲名とアーティストが表示される

次のページ
地震や豪雨の予報をリアルタイムに
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事