『今夜はブギー・バック』がなければ、日本のヒップホップはもっと悲惨だった【宇多丸×Bose×サイプレス上野】

宇多丸(RHYMESTER)、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)、Bose(スチャダラパー)

左から、宇多丸(RHYMESTER)、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)、Bose(スチャダラパー)

 ’90年にデビューし、今年25周年を迎えるスチャダラパーのBose。ラジオや雑誌コラムでも活躍してヒップホップ界と世間の繋ぎ役を担う、RHYMESTERの宇多丸。2人に憧れてラップを始めたサイプレス上野。この3人に「’90年代以降の日本語ラップ史」をテーマに鼎談してもらったところ、「ヒット曲の重要性」についても語り合われることに。貴重な鼎談の一部をご紹介しよう。

上野:中1のときラジオで(スチャダラパーの)「今夜はブギー・バック」が流れてきたんですよ。もともとアメリカのヒップホップが好きだったんで、最初はバカにしてたんですけど、聴いてるうちに「あれ? かっけえな」って思って、一気にはまりました。『FINE』とか読んでシーンの空気を感じながら、ひたすら買ってましたね。渋谷に毎週行ってるみたいな。

宇多丸:やっぱりヒットは大事だよ。「ブギー・バック」がなければ、日本のヒップホップはもっと悲惨なことになってたと思うし。からかわれるのは別にいいの。いいんだけど、ネタがいまだに「東京生まれHIPHOP育ち」(「Grateful Days」)と「DA・YO・NE」と「ブギー・バック」しかないのがね。

Bose:いじれるレベルのヒットがないよね。

宇多丸:だから一定量のヒットをシーンから出すのは大事なことなんだけど……すいませんねえ。

Bose:(笑)。みんなを代表して謝った。

宇多丸:いや、ほんと。僕らの力不足です。

Bose:「ブギー・バック」が売れたのも結果論だよね。マッチョなラップのパロディみたいな曲だから。ラップとしてわかり易い正統派が先に売れて、そこにあれなら本来もっと面白いんだけど。

宇多丸:でも、それは日本では考えづらいよ。マッチョなものが本当に苦手だから。

Bose:当時は日本語のラップが根づいてないから、地方の不良みたいなコたちにはまだ届いてなくて、面白さや魅力がきちんと伝わっていなかっただけでしょ。

宇多丸:その間口を広げたのが、ジブさん(ZEEBRA)の「MR.DYNAMITE」だよね。ラップの技術をちょっと単純化してみせて、かつ「ワルいですよ~」と、あえてわかりやすく。当時、彼がつけたイメージが、たぶんみんなの……。

上野:ラップのイメージですよね。「バスじゃモロ最後部な奴ら」(「MR.DYNAMITE」のパンチライン)って、いまだに言いますからね。

Bose:レベル高いよね。たけしのハガキ級。「こんな悪いヤツはイヤだ!」みたいな(笑)。

宇多丸:でも、パンチラインってそういうことだからね。アメリカのギャングスタ・ラップとかも同じだよ。「悪いヤツ自慢」ばかり取り沙汰されるけど、あれだってユーモア込みの面白さなんですよ。でもそのリテラシーが、日本ではね……俺らの力不足で、いまだに大幅に遅れてる。

※4/21発売の週刊SPA!の「エッジな人々」では、宇多丸、Bose、サイプレス上野の3氏によるディープな鼎談を掲載中!! 「日本語ラップの過去、現在、未来」について大いに語られているので、ぜひご確認を!!

取材・文/高岡洋詞 撮影・湿板写真/本間 寛 メイク/奈津 再構成/SPA!編集部

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中