グラドル・真奈ちゃん「小さな胸を愛する人を増やしたい」

「小さな胸を愛する人を増やす」をコンセプトにした「まないたプロジェクト」

「小さな胸を愛する人を増やす」をコンセプトにした「まないたプロジェクト」というユニークな取り組みをしているグラビアアイドルがいる。ファンから“まなてぃ”の愛称で親しまれている真奈ちゃんだ。現在、小さなおっぱいを前向きにとらえる真奈ちゃんの写真集「まないた」の制作を予定しているという。しかも、「まないた」に共感してくれるスタッフやファンの方の力を借りて、クラウドファンディングの形式をとっているのが特徴だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=886587

――“小さな胸”を前面に押し出した「まないたプロジェクト」をスタートさせたきっかけは?

真奈ちゃん:私は中学1年生の頃からグラビアのお仕事をさせてもらってきたんですが、ずっと悩んでたことがあって……それが「おっぱいが小さい」ことだったんです。私、82センチのBカップで、ファンや周りの方からは「そんなに小さくないじゃん」とか「男って意外と巨乳好きじゃない」とか言ってもらえたりするんですけど、最近のグラドルのコたちはスタイルがよくて胸も大きいコが多くて、すごくコンプレックスに感じていました。

――ジュニアアイドル時代を含め、今まで20本のDVDにも出演していますよね。

グラドル・真奈真奈ちゃん:「どうして私っておっぱいが小さいんだろう?」「私はグラビアで何を必要とされてるのかな?」とたくさん悩んでグラビアが嫌になって、1年間グラビアのお仕事をお休みした時期もありました。でも、もう一回頑張ろうと思えたのは「まなてぃのグラビアが見たい」「まなてぃのグラビアが好きだよ」って言ってくれるファンの方々がたくさんいたからなんです。ファンの皆さんは、小さいおっぱいの私を好きでいてくれている。それを知ってから、私は小さいおっぱいでくよくよしないで、開き直ることができたんです。

――それで「まないたプロジェクト」を?

真奈ちゃん:小さなおっぱいに対するわたしの思いを、もっとみなさんに発信したい。そう思って、マネージャーさんやカメラマンさんに相談したところ、“まないた”に共感してくれる方がどんどん集まってくれて。そんなみんなで“まないたプロジェクトチーム”を結成して、今回のプロジェクトをスタートすることになりました。

――「まないた」と言うことは非常に勇気のいることだったのではないですか?

真奈ちゃん:私は小さなおっぱいで悩んでいる子に、もっとポジティブな気持ちになってもらいたいと思っています。でも、“貧乳”って言葉には、ちょっとマイナスのイメージがありますよね。私たちは貧しいんじゃない! 小さくて控えめで、かわいらしいおっぱいなんです(笑)。こんな可愛らしいおっぱいを「まないた(愛板)」って呼ぶことにしました。それと、私の名前の「まな」ともかけていたり(笑)。女のコにも男のコにも、「小さなおっぱいもいいよね」と思ってもらいたいですね。

――具体的に「まないたプロジェクト」はどんな活動を予定しているのですか?

グラドル・真奈

写真集では水着や私服はもちろん、制服や下着姿のグラビアも予定

真奈ちゃん:小さなおっぱいの子がポジティブになれるような言葉がつまった写真集をつくる予定です。最初の写真集だから、ただのグラビア写真集ではなくて、小さなおっぱいをテーマにしたメッセージ性のあるものにしたいですね。水着や私服だけでなく、下着とか制服とかスポーツの格好をしたりいろいろ盛り込んだ、可愛くて暖かくて時々面白い、写真集を作りたいと思っています。今までは谷間を作ってきたけど、これからは寄せなくていいのでめっちゃラクですね(笑)。

――写真集はクラウドファンディングの形をとっているのが特徴ですよね。7月15日(水)24時までに目標金額は150万円で、現在、目標金額の7割くらいですね。

真奈ちゃん:この「まないたプロジェクト」にはすでにたくさんの方が共感してくれて、支援してくれている人が増えている状況です。それに、カメラマンさんやコピーライターさんなど、スタッフの皆さんもとても暖かくて優しい人ばかり。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。だからこそ成功させたいという気持ちも強い。SNSやツイキャスなど、私にできることを最後までやって告知していきたいですね。

――まずは7月15日の24時までですね。最後までがんばってください。応援しています。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=886576

【真奈ちゃん】
「まないたプロジェクト」に挑戦中のグラビアアイドル。小さなおっぱいで悩んでいる女の子たちに、「くよくよしないでポジティブな気持ちになってもらいたい」という想いを込めて発足。小さなおっぱいを前向きにとらえる写真集「まないた」の制作に向けて活動中。

まないたプロジェクト:https://greenfunding.jp/lab/projects/1237
ツイッター:@manatmnt
公式ブログ:http://ameblo.jp/manatmnt/

<取材・文/日刊SPA!取材班 インタビュー撮影/三輪憲亮>

真奈 NEW KISS

真奈チャンの“好き”を綴った恋心と、今までとはひと味違う魅力が満載のDVD

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中