コミケに負けない盛況ぶり!コスホリック15[美女コスプレイヤー画像集]

 コスプレ同人誌・デジタル系即売会の「コスホリック15」が8月15日、東京・東日本橋で開催され、過去最高とも言えるほどの来場者が駆けつけた。

コスホリック15

人気コスプレイヤーからセクシー女優まで美女が勢揃い

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=917665

 今回で15回目となるコスホリでは、ロー協などの人気コスプレイヤーからセクシー女優まで、幅広い顔ぶれがファンを迎え入れた。会場内は3フロアに分かれており、フロアによって異なる雰囲気を醸し出す。お目当てのサークルへ一目散に列をなす者もいれば、美女レイヤーの撮影に勤しむ者などさまざまだ。

 平日は本業に励むセクシー女優たちも、休日だからと気を抜かない。週末は自身のファンと交流ができる大切な時間なのだ。アイドルの特典会さながらに、写真集や新作ROMを購入するとその場で2ショット写真が撮れたり、配布される撮影券で撮影タイムを楽しんだり、大混雑のなかひとときの交流を楽しんでいた。

コスホリック15

サークルの売り子として参加/写真左から葵(@S1_aoi)、湊莉久、彩乃なな

 bitのブースに売り子として参加した湊莉久は、物販の新作について「涼宮ハルヒと、普通のアニコスじゃないドレスをメインに撮ったんですけど、純白のドレスっていつもは着ないので、ある意味王道のコスプレかなと思います。私のことを知らない方はもちろん、普段から応援してくださっているファンの方にも、いつもとは違う湊莉久を楽しんでほしいです♪」と笑顔で話してくれた。

 二の腕、膝、太もも……など男のフェチはさまざまだが、ムダを削ぎとり一点に注目してこそ見える女性の魅力もある。「メガネ区」というメガネ女子をテーマにしたサークルの運営者・林健太氏に、メガネ女子の萌えポイントを聞いた。

「メガネの向きやズラし方、反射の具合によってそれ自体が表情になったり……僕自身は目が好きで、目がフォーカスされるところが魅力的ですね。普段メガネをかけないレイヤーも、メガネキャラのコスプレでメガネをかけるとがらっと印象が変わる。メガネをかけたら違うタイプの美人になるのがおもしろいですね」

 夏のコミックマーケットと同日の開催でファンが分散するかと思いきや、会場はコミケに劣らぬ異様な熱気に包まれていた。コスプレの需要と人気はとどまることを知らず、これからどこまで広がっていくのか楽しみだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=917649

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中