マイルドヤンキー化が進む「郊外の不倫事情」

マイルドヤンキー化が進む郊外の不倫事情とは? 27歳で結婚した後、気のゆるみから1年で体重が10kgも増えてしまったと嘆くのは千葉県の松戸市に住む実夏さん。あまりの豹変ぶりに夫の態度はみるみる冷たくなり、夜の相手もしてもらえなくなった。

 そんなときに、実夏さんの地元(柏市)で行われた同窓会で元カレと再会。後日、デートをすることになり、その後、定期的にデートを重ねるようになった。

 デートコースはラウンドワンでカラオケ&ボウリングをしたり、スポッチャや映画館のあるイオンモールで遊んでから国道沿いのラブホテルに行くのが定番だという。

「元カレだから感じるツボもわかってくれてるし、久しぶりにセックスしたら前よりパワーアップしていて……。性欲をもてあましていたのもあるけど、完全にハマってしまいました」

 カレがボウリングのムーンライトストライクゲームで、賞品(フォトフレーム)をゲットしたときは、「やっぱり決めるときは決める男だな!」と惚れ直したという。

「カレは自営業で羽振りがいいから、全部オゴってくれるのもうれしい。金額は大したことなくても、お姫様扱いされている感覚が久しぶりで(笑)。こないだもゲームセンターでうまい棒とかパイの実のビッグサイズのお菓子を大量にとってくれたんですよ! 全部食べたらまた太りましたけど……」

 それにしても、そんなに堂々とデートを重ねていて、周囲にバレないのか心配になるが、「いま住んでいる松戸と、カレと会う地元の柏は離れているし、そもそも中高で同じクラスだった人とかじゃなければ、付き合いもほとんどないしバレることはない」のだとか。

 柏と松戸ってそんなに離れていないのでは?という気もするが、同級生や元カレとすぐに再会できて頻繁に会える「ジモト感」と、「仲間以外はみな風景」の匿名性が絶妙なバランスで保たれているエリアだからこそ可能なオープン不倫と言えるかもしれない。

 8/25発売の週刊SPA!では「郊外型[下流不倫]がエロい」という特集を組んでいる。郊外のマイルドヤンキー化が進むとも言われる昨今、不倫事情、SEX事情はどう変化しているのか、その実態に迫っている。おたくの家庭は大丈夫だろうか? 〈取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/福本邦洋 モデル/若林美保〉

週刊SPA!9/1号(8/25発売)

表紙の人/ 橋本マナミ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中