ユニクロでおしゃれ初心者が買うべき狙い目アイテム

誰でも簡単に、お金をかけず実践できるおしゃれの法則を導き出し、初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』で惜しみなくその法則を披露したメンズファッションバイヤーのMB氏。今回、お互いそのロジックにシンパシーを感じるという、『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜたかおしゃれに見える』の著者で女性スタイリストの山本あきこ氏と対談。第2回目では「捨てるべきアイテム」を教えてもらったが、第3回目の今回は「取り入れるべき正解アイテム」を教えてもらった。

「クッション」が出るパンツは卒業しよう

MB:「服はボトムスから揃えよう」と提唱しているんですけど、今ならパンツは裾に向かって細くなっているテーパードがオススメです。少し短めに裾を切ってクッションが出ないように調整すれば脚がきれいに見えますから。

山本:今日履かれているリブのパンツも、クッションが出ずにすっきり見えますよね。

7706

(左)ファッションバイヤーMB氏 (右)スタイリスト山本あきこ氏

MB:リブもアリです! 男性は裾を長めにとって足元をたるませて履く人が多いのですが、すごく野暮ったく見えてしまう。クッションとは、裾のところにクシャクシャとたまっているシワの部分ですが、「先端」は視線を集めます。裾にシワがたまっていると、ルーズな印象を「全体」に与えるので、野暮ったく見える。男性はくるぶし丈にまだ慣れていない人が多いので、履くと「あ、こんなにきれいに見えるんだ!」って驚くと思います。僕もこの春夏はずっとくるぶし丈でした。

山本:男性はカジュアルアイテムが大好きでとくにパーカーはできるかぎりキレイに着るのがいいですよね。

MB:無地で色は真っ黒やグレーの単色にして、たとえばパンツは細い黒スキニーであれば、中はシンプルにTシャツでも全然いいんです。無地の白Tシャツに黒のパーカーを羽織るだけでも、モノトーンできれいに見えます。おっしゃるようにパーカーはカジュアルなアイテムなので、細身のシルエットにするなど、どこかできちんとキレイに見せることですね。シルエット・色・デザイン、その3つのなかでどこかで「ドレスな要素」を入れてあげると引き締まります。

山本:そういった意味ではパーカーといっても素材感が大事だし、ツヤがあると大人っぽくてなおいい。

MB:コットンではなくポリが入ったツヤのある素材など、同じスウェットでも、アメカジじゃなくて、素材から選ぶ目線をちょっと加えるといいですよね。

山本:ツヤ大事ですよね。

――ちなみに、パーカーはどれくらいジッパーを閉めるのがいいんですか?

MB:それ、すっごい質問もらいます(笑)。

山本:パーカーってウエストがすぼまってるから、閉じてしまうとラインがイマイチになりませんか?

MB:着こなし次第だと思うのですが、例えばスキニーとTシャツで合わせるのなら、開けっ放しでもいいと思います。閉めるとパーカー感が出てしまうので。シルエットをストンと落とすんであればなおさら開けたほうがいいです。全開けで着てください。

山本:あと、全体の色選びについて、「全身黒にプラス一色に抑えよう」という提案を本でされていましたが、すごくわかりやすかったです。

MB:カラフルな格好がダメなわけではなくて、それもやり方次第だと思います。でも、自信がないんだったら、「色はモノトーン+一色」まで。男性は色使いが多くなればなるほどカジュアルに子供っぽくなるので。慣れてない、自信がないんだったらモノトーンか、モノトーン+一色ぐらいに抑えたほうが着こなしやすい。自信のある人は色を使って試してみてもいいと思うんですけど。

――白シャツなどシンプルでモノトーンのものだと、高品質で値段の高いものじゃないといけないんじゃないかという強迫観念があるのですが。

MB:形がよければ値段は関係ありません。白シャツにスラックスと革靴だとオフィス服になりますけど、パンツはデニムにしてみたり、スラックスでも革靴ではなくスニーカーにしたり、白シャツも使い方次第で、街着のおしゃれに使えます。その際のポイントは「ドレス要素7に対してカジュアル要素は3」です。

山本:最近のユニクロは形もいいですし。

今すぐ取り入れたいアイテムは?

――女性目線でこんなの着てほしい!というのはありますか?

山本:そうですね。今ならツイードなど英国っぽい感じのアイテムが素敵だと思います。クラシカルな感じ。茶系が全体的にトレンドなので、黒ベースに茶色のツイードジャケットを羽織ったり。

MB:
まさに僕もメルマガで、ジャケットのうえにダウンベストを着るコーデを提案したところなんですよ。ダウンベストをツイードの茶色にして、今年っぽくみたいに。

山本:おお、すごい嬉しい。シンパシー(笑)。

MB:茶系やヘリンボーン、今年多いですね。

山本:ツイードって紳士感があるじゃないですか。それでデートに来てくれたらそれだけでマルです。羽織りだとしたら、パーカーだったのをジャケットにするだけでも全然雰囲気変わりますよね。コレ、ユニクロで9990円なんです。ウールブレンドコンフォートジャケット

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=952965

7683

ウールブレンドコンフォートジャケット。9990円+税

MB:それやっぱり選びますよね(笑)

山本:これいい。さっき言った、ちょっとツイード調で。

MB:しかもこれシルエットも結構細いんですよ。

山本:思いました。ほかにも結構カラーバリエーションありますよね。一枚仕立てになっていて、肩パッドがついてないし本当にカーディガン感覚で羽織れる。男性が休日にさらっと、MBさんがお勧めする黒×黒に合わせたら素敵です。そう考えるとやっぱり黒スキニーは万能ですね(笑)。MBさんのおすすめは何ですか?

MB:もうド定番で恐縮なんですけど、メリノウールのニット。男性はスーツとかもそうですけど、いかにツヤがあるかっていうのが大事だと思うんですよ。いいスーツだとツヤがすごく強調されてたり、ツヤ感って一つのドレス要素になるので。メリノウールでツヤがあるニットって大人っぽく見えますし、これが3490円……。しかもウォッシャブルなので洗濯機で洗えるという。

7677

エクストラファインメリノクルーネックセーター。3490円+税

山本:色違いで欲しい……。(触りながら)毛玉にもなりづらそうです。

MB:毛玉ができちゃても、まあ3000円台だったら結構ガツガツ使っちゃっても。そういう思い切りができますよね。僕、ハイゲージのニットがすごく好きで、結構高いニットも買うんですが、やっぱり着倒すのは躊躇します。でもこれを日常で使って、いざっていうときは高いニット、っていう使い分けもできる(笑)。

――新品の状態で見るとこれ「ジョン・スメドレーです」って言われても、正直わからないです

山本:着ればタグ見えないですし(笑)。

MB:ジョンスメさんに怒られそうだけど(笑)。

7702

「去年もよかったのですが、今年もすごい!」

いかがであろうか。男性に必要なのはツヤで、色ではないらしい。MB氏が唱えるおしゃれの法則にのっとれば、すぐに「しゅっとした」男になれそうな気がするのだが……。興味が湧いた人は、『最速でおしゃれに見せる方法』もぜひチェックされたし。 <取材・文/ありまみほ 撮影/難波雄史>

【山本あきこ】
スタイリスト。証券会社、アパレル販売を経て、女性誌の専属アシスタントに。26歳で独立し、雑誌、広告などのスタイリングを手掛ける。これまでにつくってきたスタイルは1万コーディネート以上。近況や個人向けのサービスはブログ『Roccostyle.』にて紹介。2015年4月に発売した書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がロングセラーに

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える

「シンプルでプレーンな服」をどれだけ持っているかでおしゃれは決まる!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中