ライフ

ユニクロで今すぐ買うべき5選…プロが認めた「世界一コスパのいいシャツ」とは?

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第233回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 さて、そろそろ夏がやってきます。今回は新作発売もあったので「ユニクロの買うべきアイテム5選」をお届け。今の時期から夏まで使えるベストバイなアイテムをお届けします。

▼素材はビンテージ風、デザインはドレスシャツ風

デニムシャツ(長袖) 2990円(+税) デニムシャツ(長袖) 2990円(+税) デニムなどのカジュアルアイテムはユニクロの十八番。デニムシャツやジーンズなど実は毎年、同じように見えて微妙にアップデートを重ねている力作。今回も新作発売時に購入してみましたが、今年のモデルもやはり改良がされておりました。  何より魅力的なのは2990円とは思えない生地の風合い。量販店に並んでいるデニムシャツはどうしてもペラペラの素材感と安っぽい加工が気になり「イキッた中学生」になりがちですが……こちらは肉感があり、加工感も本物っぽい。ヴィンテージライクな風合いでアンダー1万円には感じさせません。  また、デニムシャツはこだわりが行きすぎてしまうと「ウエスタン調のデザイン」だったり「派手なコンチョ風のボタン」だったりと、ついつい一般人には理解不能な領域に到達しがち。結果、「なんか萩原流行みたい(笑)」と言われることも。  こちらのデニムシャツはデニム素材はこだわり尽くしてる反面、実はデザイン自体はドレスシャツに近い上品さがあります。襟は小さくコンパクト(ウエスタンなどデニムシャツは襟が大きいものが多い)、ボタンも小ぶりでドレスシャツのそれに近い。無駄なデザインを入れずにシンプルにまとめており、「大人が普通に褒められるデニムシャツ」になっています。  トレンドを押さえた少しゆとりのあるサイズ感も程よい。個人的には濃いめのネイビーカラーがおすすめですが、カジュアル好きな人はアタリやヒゲを少なくした品のあるアイスウォッシュのブルーもいいでしょう。

▼「世界一コスパのいいシャツ」と言っても過言じゃない

エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(ボタンダウン・長袖) 1990円(+税) エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(ボタンダウン・長袖) 1990円(+税) ユニクロの名素材といえば「カイハラデニム」「スーピマコットン」「カシミヤ」「メリノウール」などいろいろあります。どれも市場にある、あらゆるアイテムよりも格安、手頃に出しており、価格破壊で他社を窮地に追い込んでいるブランドキラー。そして、上記ほど知名度はないものの実は「エクストラファインコットンブロード」もそんなブランドキラー素材の一つ。これ、普通のブランドが作ったら1万円じゃ収まらないですよ……。  上述の通り、ユニクロはカジュアルアイテムが得意なので、シャツは「オックスフォード」のほうが有名ではありますが、実は個人的にはエクストラファインコットンブロードがおすすめ。ツヤ感たっぷりの高級素材が1990円で楽しめるのは本当にスゴい。高級素材である超長綿を使ったこの素材。要するに普通の素材よりも糸が極細になっているため、その分美しいツヤが生まれるのですが……実はほかのブランドでも見かける素材で、決して珍しいものではありません。しかし、1990円で出しているのは、世界中探してもユニクロくらいしかないでしょう。  オックスフォードに比べて売れないのか、あまりバリエーションがなかったのですが、今回は久しぶりのロンドンストライプやチェック柄が復活。ポールスミス買うならこれでいいんじゃないのとは個人的には思います。(好き嫌いあるでしょうけども)。
次のページ 
デニムブランドを瀕死に追い込む…
1
2
3
※ちなみにこれらアイテムの着こなし例や詳細解説は私のメルマガでも掲載しております。興味あればそちらもぜひ。

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事