雑学

スーツはお金をかけても無駄! 安くても高くみせる…冬のスーツの基礎知識4つ

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第206回目をよろしくお願いします。

 今回は男性が迷いがちなスーツについて。秋冬のスーツスタイルに使える情報をお届けします。

スーツはお金をかけてもハッキリ言って無駄


「冬のスーツ姿」が一瞬で洗練される基礎知識4選

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論

 はっきり言って、スーツはお金をかけても無駄です。もう少し正確に言うなら10万円以下のスーツならほとんど違いを理解されません。何よりの証拠はみなさんの記憶。電車に乗っていて街を歩いていて「あの人のスーツ、高そうだな」と思ったことが、一度たりともあるでしょうか?

 もっと極端な表現をすれば、安倍総理やトランプ大統領など世界の要人が着用しているスーツを見て「自分のスーツとここが違うな」とパッと見で、明確に違いを区別できる人すらほとんどいないでしょう。そうです、高いとか安いとかぶっちゃけスーツの価格差なんて、一般人レベルではほぼ分からないのです。

 今は格安量販店が企業努力を重ねており、安物でもそれなりに見えるスーツが増えています。「10万円未満のスーツなら一部の例外を除いて、一般人が見極められるほどの違いは期待できない」と覚えておきましょう。

 では、何が大事なのか、それは「サイズ感」です。極上ウールを使った10万円のスーツもサイズ感で台無しになりますし、一方でポリエステルの7000円の格安スーツでもサイズ感次第で10万円に見せることも可能です。スーツは何よりサイズ感。自分のサイズをしっかりと店員さんに測ってもらい、シワが出にくいようにお直しするのが何より大事。だからこそ通販でスーツを買うのは絶対にやめましょう。

 シワが出ないようにするための注意ポイントは2つあります。ひとつはスラックスの裾です。先端部分なため視線が止まりやすく、よく目立つ裾にシワは大敵。ここにシワが寄っていると、それだけでだらしない野暮ったい印象になります。きれいにシワが出ない「ノークッション」もしくは「ハーフクッション」にしましょう。店員さんに「クッションが出ないくらいの丈にしてください」で通じます。

 またもうひとつは袖です。袖も先端部分。ここがダボダボだと気になるものです。まっすぐ下ろした腕の親指の先から9cmあたりの位置に袖があると、バランスよく見えるでしょう。

 まずは目立つこの2点を整えてみてください。

次のページ 
スーツにコートを合わせるとき、やってはいけないこと

1
2
3
●なお、スーツの裏技とも言える着こなし術については毎週配信している私のメールマガジンでも紹介しています。12月9日配信号ではスーツを徹底特集、興味ある方はぜひチェックしてみてください。

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事