R-30

ゆるキャラペンギンロボットで、ほのぼのオフィスに!

【マスコットキャラクター】
ゆるキャラペンギンロボットで、ほのぼのオフィスに!


 オフィスの入り口で、「いらっしゃいませ~」とにっこり出迎えてくれるのは、ペンギンロボットだ。大阪市にあるねじの総合商社・サンコーインダストリーで、’05年から来客のおもてなしを担当している。昼食時には各部署を回って、「お昼の時間ですよ~!」と知らせにくる姿に、社員の間では「かわいい!」「ゆっくり歩いてるのを見ると、焦っていた気持ちが落ち着いて冷静になれる」と評判も上々だ。同社広報部は、導入のいきさつをこう語る。

「大阪がロボット開発に力を入れていたのがきっかけですね。当社の商品は、ねじという地味なものなので、イメージアップを図る狙いもありました。」

 両手を振りながら歩き、録音された女性社員の声で喋りながら案内する。

「ただ、あまりにも歩くのがゆっくりなので、案内役としては、正直実用的ではないかもしれませんね」

 就職セミナーの冒頭で学生に挨拶するなど、マスコットキャラとしての宣伝効果は抜群だという。中には、『以前から、御社のペンギンを知っています!』という学生もいるのだとか。

「最初はねじに興味がなくても、ペンギンを見て『面白そうな会社だな』と思って入社してくれれば最高ですね。そして、社員に『自分の子供も、この会社に勤めさせたい』と思わせるのが目標です」

 入社前から、そして入社後もオフィスの盛り上げ役として、モチベーションアップに繋がっているようだ。

ー 我が社の最新[モチベーションUP術]【7】 ー

ハッシュタグ




おすすめ記事