ライフ

「この女、かっこいい!」――46歳のバツイチおじさんは影のあるクール美人に心を奪われた【第21話】

しかしながら、アジアの旅を続けているうちに、日本にいる時と少しだけ考えが変わってきた。 「女を金に変えて何が悪いの? 裕福な日本人さん」 そう言われてるような気がしてならなかった。 カンボジアの夜の蝶に「不健康」は感じない。 おいしいものが食べたい。 キレイな洋服が欲しい。 いい暮らしがしたい。 「欲望」というシンプルなモチベーションは、異様に高価な持ち物に安い靴など、ちぐはぐな不自然さはあった。しかし、彼女たちのメインの動機はどうやらそこではないようだ。 「親や兄弟を養うために女を金に変えている。それしか方法がないから」 そのことに、後ろめたさなど感じていないのだ。 フィリピンの英語学校の先生たちのように、普通に働き、給料を家族に送金している高潔な女性もたくさんいる。しかし、その学校の先生に聞いた、「2歳からシンナーを吸わせるストリートチルドレンの親の話」など、発展途上国の現実を知れば知るほど、それは社会システムの問題で、彼女たちの心のあり方ではない気がした。 もしかしたら、日本でも同じような問題が起きていて、ただ俺が知らなかっただけなのかもしれない。いや、知ろうとしなかったのかもしれない。 ゲームが終わり周りを見回すと、フィリピン人のビーナスたちの姿がなくなっていた。 俺 「あれ? ビーナスとかは?」 馬見新 「どっかいなくなっちゃいました」 俺 「あ、そう」 馬見新 「ごっつさん、この後どうします?」 俺 「さっき、ボードゲームで負けたエラって娘がいるんだけど、すぐそこにある日本料理屋さんに誘ってみようかなと思ってる」 馬見新 「じゃあ、誘って下さい。俺も付き合いますよ」 馬見新ちゃんは「本当にできるの?」という目で俺を見て、ニヤリと笑った。口を滑らせ、かっこつけた手前、俺はエラを誘いださねばならない。しかも英語で。初めて英語で女性を誘う。酔いにまかせて勇気を出し、エラに話しかけた。 俺「あの、エラ、さっきの勝負楽しかったよ」 エラ「私もよ」 俺「もし良かったら、すぐ近くの日本料理屋に行かない?」 エラ「……いいよ。友達も一緒でいい?」 俺「いいよいいよ。こっちも、もう一人日本人の友達がいるから」 エラ「10分後でいいかな?」 俺「もちろん!」 成功した。 良かった。 何とか男としての小さなプライドは保たれた。 10分後、お店から歩いて1分くらいの場所にある、お蕎麦をメインにした日本料理屋に4人で入った。お蕎麦と天ぷら、カルフォルニア巻を注文した。エラは天ぷらとお寿司に興味あるが、一度も食べたことがないとのことだった。 俺 「天ぷらとお寿司、食べてみる?」 エラ 「……うん。挑戦してみる」 俺「その様子、スマホで撮っていい?」 もし嫌がったら謝ろうと思っていた。 エラ「うん。イイよ」 クールな美女エラの前に、海老の天ぷらとカルフォルニア巻が来た。 興味深々に覗き込む。そしてお箸を器用に使い、海老天をがぶりかぶりつた。表情が歪んだ。どうやらお口に合わなかったようだ。 うまいともまずいとも言わない。 続いて、カルフォルニア巻をパクリ。こちらに至っては、途中でティッシュに吐き出してしまった。二品ともあんなにうまいのに。そして彼女はクールな表情をくしゃっと歪ませ笑った。キュートな笑顔だ。その笑顔を見て俺も笑った。
俺はホーチミンで良くわからない腸の煮込みをナイトマーケットで食べ、食中毒になり、ごはんが怖くなったのを思い出した。 「結構、勇気を出して食べてくれたんだな。気も使える良い娘だなぁ、ありがとう」 日本人同士でも食事の趣味が合わない異性と付き合うのは大変だ。まして結婚生活となると、死活問題。やっぱり国際結婚って難しんだなぁと改めて思った。そして、彼女に惹かれ始めている自分に気づいた。
次のページ 
エラとLINEを交換し…
1
2
3
4
5
6
7
8





おすすめ記事