ライフ

「この女、かっこいい!」――46歳のバツイチおじさんは影のあるクール美人に心を奪われた【第21話】

その後、10分ほどトゥクトゥクを走らせた。二人で、昨日のボードゲームの話をしながら盛り上がっていたらあっという間にレストランに着いた。 プノンペンとは思えない、お洒落なレストランだ。俺がトゥクトゥクドライバーにお金を払おうすると、エラがそれを制した。 エラ 「大丈夫。今日、貸し切ってるから。彼、仲良くっていつも安くしてくれるの」 なるほど。1日トゥクトゥクを貸し切る。プノンペンではこういうデートスタイルがスマートなのか。
バツイチおじさん第21回

プノンペンのお洒落なタイ料理屋

バツイチおじさん第21回

ご機嫌なエマ

その後、二人でタイ料理を食べながら、お互いのことについて話をした。 どこに住んでいるのか? どんな仕事をしているのか? しかし、そこで言葉の壁にぶち当たった。 おそらく、お互いの英語力が低く、50%くらいしか理解し合えてない。 フィリピンの学校の先生なら、英語の理解度も高いため、こっちの拙い英語も類推してくれ、俺の英語力に合わせて会話を成立させてくれる。発音が悪くても理解してくれる。 しかし、先生以外で一人の女性とこんなに長い間、マンツーマンで話をしたのは初めてだ。なかなか会話が成立しない。 「深い話ができない」 俺はもどかしさを感じながらも、頑張ってカタコトの英語で話をしているとあっという間に3時間が過ぎた。彼女は20時にはお店に行かなきゃいけない。 タイ料理屋を出ると、トゥクトゥクでリバーサイドのキレイな景色を見に行った。夕方のプノンペンは暑すぎす、程よい風が心地良かった。
バツイチおじさん第21回

リバーサイドを走るトゥクトゥクと楽しげなエラ

トゥクトゥクから降り、二人で夕景から夜景になるまでリバーサイドを散歩した。 そして、時間が来たので彼女は仕事に向かった。 俺 「また、会おうね!」 エラ 「うん。また会おうね!」
次のページ 
少し切ない気持ちになった…
1
2
3
4
5
6
7
8





おすすめ記事