ライフ

「この女、かっこいい!」――46歳のバツイチおじさんは影のあるクール美人に心を奪われた【第21話】

翌日、ビーナスが指定したカフェに行くと、この間、踊り狂っていたビーナスとはまるで別人の爽やかな美人先生がいた。
バツイチおじさん第21回

ビーナス指定のお洒落で静かなカフェ。最近出来たとのこと

バツイチおじさん第21回

昼間見たら、別人のようにちゃんとしている美人先生ビーナス

俺 「ビーナス。ありがとうね」 ビーナス 「オッケーよ! さぁ、早速やろっか」 まず初めに、彼女は俺の今の英語力をテストした。 その後二人で話し合い、リスニングは二人で会話しながら覚えることとなった。最初の3時間は3つの単語からランダムに英作文を作る練習。 ラスト1時間は発音をもう少し丁寧にやることが決まった。 やはり、英語の先生だと俺の英語を類推し、理解してくれる。 初日は久しぶりに、4時間ぶっ続けで英語をしゃべり続けた。 スパルタ英語学校の8時間に比べると圧倒的に少ないが、ぐったり疲れた。 ビーナス「ごっつ、よくぶっ続けで4時間踏ん張ったね。頑張った!」 俺   「ありがとう! 明日も同じ時間にこの場所でいいスか?」 ビーナス「うん。そうしましょ!」 レッスンが終わると、ビーナスがカフェでビールを二つ注文した。ここが、セブ島のスパルタ学校と違うとこだ。もともとは友達の関係から始まっている。 「乾杯!」 二人で乾杯し、英語でビーナスの家庭のこと、趣味、どうしてプノンペンにいるのかなどを聞いた。こちらも、離婚の話や世界一周の話、日本での仕事の話などをした。やはり、片方が英語力が高いと、話は深いところまでできる。美人先生と楽しくお酒を飲んでるだけで英語の勉強になる。 「このプライベートレッスン、なかなかいいかも!」 ビーナスと別れると、バイクタクシーでエラに会いにお店に行った。 エラは俺が来てくれたことをすごく喜んでくれた。 俺 「ちょっとだけ抜け出して、近くで一緒にごはん食べない?」 エラ「うん。いいよ!」 ローカルなお店でハンバーガーを食べた。 相変わらずぎこちない会話だったが、お互い一生懸命にコミニケーションをとった。 昨日より少しはエラのことが理解できた気がする。 俺は思い切ってエラにデートを申し込んでみることにした。 俺「エラ、お休みってあるの?」 エラ「うん。週に一回だけあるよ」 俺「良かったら、お休みの日、俺とデートしない?」 エラ「………」 俺 「どうかな?」 エラ「……」 俺 「……」 エラ「……明後日、お休みなんだけど、私空いてるよ」 俺「え? 本当!? じゃあ、ごはん食べに行こう」 エラ「うん。いいよ!」 二人でデートの約束をすると、俺はバイクタクシーを拾いお別れをした。 すると、エラがお見送りをしてくれた。 「やったー~!」 テンションがマックスに上がった。 運の流れを変えたあのカジノで勝って以来、何もかもうまく行きすぎだ。 しかし、勝負の世界に永遠に勝ち続けられる勝負はない。 気をつけねば――。 そう自分に言い聞かせ、心の手綱を締めた。 ホテルに戻りスマホを見ると、Facebookにメッセージが入っていた。 「あ、ビーナスからだ」 メッセージを開くと、ドキッとすることが書いてあった。 【明日のプライベートレッスンなんだけど、もしよかったら、私の部屋でやらない?】 え……?  ビーナスの部屋……? たしか、ビーナスは一人暮らしのはず……。 俺は「プライベートレッスン」という言葉から、中学生の頃見たエロい映画「プライベート・レッスン」を思い出した。エマニエル夫人を演じたシルビア・クリステルが主演だ。「プライベート・レッスン」はエロかったが、「エマニエル夫人」はさらにエロかった。 エラとの距離を詰めるために始めたプライベートレッスン。 しかし、その前にビーナスとの距離が詰まりそうな予感がした。 果たして彼女はどんな手ほどきをしてくれるのだろうか。 椅子に座ってレッスンするのだろうか。 もしかしてベッドの上に腰掛けるのか。 英語だけだろうか。 実技もあるのだろうか。 その場合、4時間で足りるのだろうか。 延長システムはあるのだろうか。 俺の妄想は頭の中で音を立ててフル回転していた。 脳内iTunesに「エマニエル夫人」のテーマ曲がかかった ♫メロディー・ダムール・シャンテ・ル・コー・デマニエル キ・バ・コー・ア・コー・ペルドゥー 何かが大きく動き始める気配を感じた。 今夜のプノンペンは少し蒸し暑かったが、のぼせるような恋をするにはちょうどいい気温のように思えた。 次号予告「魅惑のプライベートレッスンの全貌とは!? 加速度を上げるプノンペン恋物語」を乞うご期待! ●後藤隆一郎(ごとうりゅういちろう) 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした後藤隆一郎IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。 ― 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」―IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。ツイッターは@ikirudakesa インスタグラムはryuichirog
1
2
3
4
5
6
7
8





おすすめ記事