ライフ

「この女、かっこいい!」――46歳のバツイチおじさんは影のあるクール美人に心を奪われた【第21話】

そう言ってお別れをした。なんだか少し切ない気持ちになった。 トゥクトゥクドライバーにホテルまで送ってもらい部屋に戻ると、ゴロンとベッドに横たわり天井を見上げた。
バツイチおじさん第21回

物思いにふけるときに撮りがちなアングル

「彼女のこと、もっと知りたいな。英語学校2か月じゃなくてもう1か月ぐらい行っとけばよかったな。でも、もう1か月行ってたらエラには会えてないか……」 俺は天井を眺めながら、少女マンガのような独り言を口にした。 しかし、このままではエラとの距離が詰められない。 俺は自分の英語力の低さを恨んだ。 「あ!」 あることが頭に閃いた。 「クラブで会ったフィリピン人のビーナス、プノンペンで英語の先生やってるって言ってたな」 ビーナスとはFacebookで友達になっていたので、メッセージしてみた。 俺【どうも、ビーナス。この間、馬見新ちゃんと一緒にクラブで会ったごっつだよ。覚えてる?】 すると、すぐにメッセージが返ってきた。 ビーナス【どうも、ごっつ。この間は楽しかったよ。ありがとう!】 俺   【ところで、ビーナスって英語の先生なの?】 ビーナス【そうだよ】 俺   【今、プノンペンで英語の先生を探してるんだけど、俺の先生になってくれないかな?】 ビーナス【え? いいよ。まだ、カンボジアにいるの?】 俺   【うん】 ビーナス【個人授業を受けたいの? 会話の?】 俺   【リスニングと会話かな。1時間いくらかな?】 ビーナス【個人授業だと通常は20$なんだけど、お友達価格で15$でいいよ】 俺   【そこをなんとか8$でお願いできない? その代わり1日4時間、一週間契約したい】 ビーナス【……8$か。まぁ、いいよ! やってあげる】 俺   【本当!? ありがとうー】 俺はエラのことをもっと深く理解するため、ビーナスからプライベートレッスンで英語を習うこととなった。1日32$、一週間の合計金額は224$だ。 決して安い額ではないが、背に腹は代えられない。 俺はカジノで儲けた分をプライベートレッスン代に充てることにした。
次のページ 
まるで別人の爽やかな美人先生がいた
1
2
3
4
5
6
7
8





おすすめ記事