ライフ

「この女、かっこいい!」――46歳のバツイチおじさんは影のあるクール美人に心を奪われた【第21話】

女の子「勝負しようよ! 負けたら、全員にテキーラおごってね」 なんとも理不尽な賭けだ。 しかし、今夜はカジノで大勝ちしている。 これぐらいの賭けはかわいいもんだ。 俺「いいよ! そっちが勝ったらね」 そう言うとカウンターは盛り上がった。 ルーレットに続き今夜2回目の真剣勝負が始まった。しかし、今回は勝ってもこちらには何もメリットのない。 実はこの手のゲーム、そんなに弱い方ではない。オセロのアプリも最強レベル99をクリアしている。フジテレビの「Jukugo Awase」という番組で自らボードゲームを作ったこともある。 向こうは手慣れた感じでゲームを始めた。 初めてするゲームだったが、圧勝した。 2人目、3人目とかかってきたが勝ち続けた。 俺が勝つたび「あー」という溜息まじりの声がこだました。 4人目の女子に入れ替わった。クールそうな美人な娘だ。他の娘の応援から、みんなが彼女に期待をしているのがわかった。 ゲームが始まるとすぐにあることに気づいた。 「あれ? この娘、他の娘たちと思考回路が違う」 論理的に先の先まで読む。 冷静でくだらないミスをしない。 勝負は白熱し、長時間続いた。 他の女の子たちは盛り上がった。 しかし、目の前のクール美人は、長考はせずに即切りの判断で淡々とゲームを進めていった。 結果、最後の最後の一手差で俺が負けた。 「や~!!」 カウンターの中は大盛り上がり。一杯3$のテキーラを5人分におごる羽目になった。しかし、俺とのゲームに勝ったクール美人は、静かに微笑むだけで淡々とボードゲームの後片付けをしていた。 「この女、かっこいい!」 俺はあっという間にこのクール美人のことが気に入ってしまった。 彼女の名前はエラ。27歳の女の子で、このお店で働きながら大学に通い、会計士を目指しているとのこと。どこかしら影がある。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1089077
バツイチおじさん第21回

会計士を目指すクールで少し影がある美女エラ27歳

日本での俺は今まで、夜の蝶、すなわち水商売の女性を好きになったことがなかった。キャバクラにもまったく興味がない。 というのも、そこで働く女の子たちのお金への執着心が怖い。 金への執着が、時に彼女たちを狂わせ、深い闇にはまっていくケースが多く見られる。女を金に変える。そのことに対する無自覚さや必死さを感じると、胸が痛くなる。 写真を撮るとよくわかる。夜の蝶たちにカメラを向けると自然と手で顔を隠す。体育会系バカの俺には、その仕草が「不健康」に見えてしまう。もちろん、そんな俺の色眼鏡が自分自身の器の小ささを象徴していることは承知している。でも、心が彼女たちの「不健康」を自然と拒否してしまう。「不健康」のどこかに、彼女たちの心の奥底にある後ろめたさを感じてしまうのだ。
次のページ 
アジアの旅を続けているうちに…
1
2
3
4
5
6
7
8





おすすめ記事