スポーツ

イチローが「得意or苦手」な日本人投手を探る――前田健太との初対決は3打席ノーヒット。三振も

 ドジャースの前田健太投手(28)が、ついに日本人選手と対戦。しかもその相手はマイアミ・マーリンズのイチロー選手(42)とだけあってか、アメリカのファンだけでなく日本の野球ファンたちも、その試合に注目を集めた。

 試合開始当初、好調な滑り出しを見せた前田だったが、7回にディー・ゴードン内野手(28)のヒットで同点へと追いつかれてしまう。前田はランナーを残したまま降板し、2番手のペドロ・バエズ投手(28)も打たれてしまったため、最終的に7回途中4失点で初黒星という結果に。

イチロー

Miami Marlinsオフィシャルサイトより http://miami.marlins.mlb.com/

 そんななか、念願だったイチローとの対戦では3打席ノーヒットに抑える意地を見せ、三球三振も奪った。試合には負けたがイチローには勝利を収めた、と称してもよいだろう。

 イチローの日本人投手との対決は、今年でメジャー15年目となる彼にとってさして珍しいものでもなくなった。前田との対戦も、お互いの活躍次第では今後増えてくるかもしれない。今回は、そうしたイチローの日本人投手との対戦成績を振り返り、隠れた相性などを探っていこう。

 昨年初対決が実現したニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(27)とは、4打席の対戦で2安打。打率にして.500と非常に相性が良い。また、5月からマイナーで実戦登板を開始する、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(29)には、22打席中7安打。打率は.318、2打点も決めていることから、田中やダルビッシュといった日本のトッププレイヤーであってもイチローの攻略は難しいようだ。

 一方で、今回の前田のようにイチローを抑えている選手もいる。例えば、シアトル・マリナーズの岩隈久志投手(35)だ。彼がマリナーズに入団した2012年、イチローはヤンキースに移籍したため、それ以降対戦が増加。現在までイチローと12打席対戦し、わずか1安打(打率.091)と完璧に抑え込んでいる。

 ボストン・レッドソックスの上原浩治投手(41)もその一人。13打席中、イチローに与えたヒットは2本。上原がイチローから奪ったアウトのおよそ半分は、三振であることも驚くべきポイントだ。

 前田とイチローのチームは同じナショナル・リーグに所属している。地区は異なるが、このまま互いのチームが勝ち進んでいけば、大舞台で再び対戦することも考えられるだろう。

取材・文/石橋和也(Far East Division) photo by Arturo Pardavila III via flickr




おすすめ記事