スポーツ

“サマースラム”ホーガンVSサベージ続編――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第92回

 完全ヒール路線に方向転換したサベージは、そのニックネームを“マッチョマン”から“マッチョキング”にマイナーチェンジし、ホーガンとはあえて一線を画すポジションでヒール・サイドの主役をまかされることになる。  この日のもうひとつの注目カードでは、アルティメット・ウォリアーが“ラビッシング”リック・ルードを下し、同年4月の“レッスルマニア5”でルードに奪われたインターコンチネンタル王座を4カ月ぶりに奪回した。  ウォリアーは、前年8月の“サマースラム”第1回大会でホンキートンク・マンからIC王座を奪いトップグループに昇格。その後はビンスとWWE首脳部が綿密にデザインした“隔離政策”により純粋培養型のスーパースターとしての道を歩みはじめていた。  当時の記録を調べてみると、ウォリアーは“レッスルマニア5”前後から“サマースラム89”までの4カ月間、ルードとのシングルマッチだけを機械的に消化していた。この試合を全米サーキットの定番カードとしてリピートしつづけることで、WWEはウォリアーの“大関”としての番付を観客の潜在意識に訴えかけた。
次のページ 
“サマースラム89”は…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事