エンタメ

乃木坂46・桜井玲香が明かした水着写真の秘話

 乃木坂46のキャプテンとして活躍する桜井玲香が8日、東京・福家書店新宿サブナード店で自身初の写真集『自由ということ』(光文社)の発売記念イベントを開催。初版は当初3万部予定だったそうだが、予想以上の反響に発売前重版が決定累計部数は5万部での発売となった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1299860

乃木坂46・桜井玲香が明かした水着写真の秘話 撮影はマレーシアにて行われたというが、初マレーシアについて「自然もあるし、街並みも中と洋がミックスされている不思議な感じだったり、食べ物も美味しくて幸せでした。」と振り返った。思い出深かった撮影のエピソードを聞かれると、「今回、自分で撮った写真も入れてみようって話があって、『私、一眼レフを買ってもっていきます』って言ってもっていたったんですけど、容量とかわからなくて、1GBのSDを持ってちゃったんですね。撮り始めたらすぐに容量がいっぱいになっちゃって、ただの思い出になってしまったという」と思わず苦笑い。

乃木坂46・桜井玲香が明かした水着写真の秘話

 お気に入りのショットについては、「すごくスタッフさんやメンバーからいいって言われる2枚で、『玲香らしいね』って言ってもらえる写真です。このあと水着撮影があってめちゃくちゃ恥ずかしくて緊張しているときのショットです。これは」と撮影時の心境を語ってくれた。また、水着写真に関して、「乃木坂は写真集では水着を着る機会があって、(グループとしての写真集では)ちゃんと撮ってるんですけど、一枚も使われたことがなくて、いざ発売されると首から下は水に使っているみたいなことが多かったので、初めてみんなに見せるっていう緊張はありました」と話すと報道陣から「いままではなんかヤバいものが写っててダメだったとか」と切り返され、「違いますよ。私は頑張った」と笑いを誘った。

 タイトルである『自由ということ』に意味について聞かれると「普段はグループでいて協調性とかも大事だし、私は普段キャプテンをやっているのでどこかでしっかりしなきゃなキャプテンだからなって思う部分もあったりして、今回は個人写真集だったのでそういうのを取っ払って単体の桜井玲香として本当に楽しく自由に撮ったので、私の自由はこういうことだみたいな」と思いを語った。

 普段と比べてより自然な桜井玲香がこの一冊で堪能できるそうだ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1299869

取材・文・撮影/八木康晴 写真集/Takeo Dec.

自由ということ

エレガントな美しさはもちろん、キュートだったり、セクシーだったり、ふだんとは一味違う表情の桜井玲香がギュッと詰まった写真集




おすすめ記事