R-30

人生を大損している“情弱”な5つの行動…ランチで10分以上並ぶ、財布がパンパンetc.

 現代は高度情報化社会。“情報”に触れるのは一層手軽になった一方で、「情報強者=情強」と「情報弱者=情弱」の差もまた拡大中だ。

「平日のランチで10分以上並んだことがある」「財布がパンパン」etc.情弱エリートたちの知られざる日常に密着

情弱な人の特徴……平日のランチで10分以上並んだことがある

 では、そもそも“情弱”とはどういう人のことを指すのか? 特徴を行動分析の専門家・石田淳氏に聞いた。

「情弱は本来、情報がないために金銭や時間の面で具体的に損をしている人を指していました。しかし最近では、情報をうまく活用できず“立ち回りが下手な人”も拡大解釈して情弱と呼ばれるようになってきていますね」

 一般的に情弱に見受けられる行動、思考の傾向とは?

「“考えない”人が圧倒的に多い。最近、トランプ大統領がしきりに『フェイクニュースだ』と叫んでいますが、実際に情報の正確性の検証は重要。何も考えずにSNSでデマ拡散に加担してしまうのは情弱と言えるでしょう。古典的ですが新聞や本といった“有料の情報”に触れることが必要です」

 金銭面で大損をしている場合も。

「『銀行の引き出し手数料が週1回以上かかっている人』は具体的にどのくらいの金額を損しているのかを計算してみたほうがいい。週一回216円かかるとすれば年間で1万368円。10年間続けていれば10万円以上失っているわけです。手数料無料の口座開設やクレカの活用など、対策はいくらでもあるんですけどね」

次のページ 
30~40代は情弱が深刻化するリスクが高い

1
2





おすすめ記事