R-30

年収300万円、妻子ありの男が週1で行ける居酒屋は「鳥貴族」が限界

もはや給料が上がらないとヘソを曲げている時代ではなく、現年収の維持が精いっぱいな現状は今後も続くだろう。それでも家族を持ち、マイホームを買い、生まれた子供には人並みの教育を施したいものだ。そこで、年収ごとに男たちが実現可能な限界値を探ってみることにした。

男の限界値 住宅や車、子供の教育費などライフスタイルに欠かせない限界値がある一方、必ずしも必要でないながら、人生を豊かにするモノでも年収別の限界値は存在する。会社仲間と行くチェーン居酒屋、女性にプレゼントするブランドバッグ、義歯、植毛治療は余剰金も考慮の上で限界値を計算してみた。

※夫婦2人と未就学児1人を想定したFPの横山光昭氏が算出した年収別の家計簿より
・夫の小遣い(年収300万円→1万7800円、年収500万円→2万8900円、年収700万円→3万7400円)
・余剰金(年収300万円→1万800円、年収500万円→3万2900円、年収700万円→5万4400円)は月収から食費や住居費など家計費を引いた額

●居酒屋(週1回)

・年収300万円 1回の飲み代は1950円が限界値。食べ飲み放題1620円コースのある焼き鳥の鉄人ほか、薄利多売半兵衛、鳥貴族、一軒め酒場に行ける
・年収500万円 1回の飲み代は4725円が限界値。塚田農場、甘太郎、月の雫、磯丸水産、土間土間など定番チェーン居酒屋に行くことができる
・年収700万円 1回の飲み代は6800円が限界値。のど黒屋、鳥よし、八吉などワンランク上のチェーン居酒屋に行けるが、他人に奢るのは不可

男の限界値

格安メニューでサラリーマンに人気の鳥貴族。年収300万円以下の人でも十分に楽しめ、メニューの種類も豊富だ

●義歯(6か月間貯金)

・年収300万円 半年間貯金しても、高額のインプラント治療は不可。金属のないスマイルデンチャーという相場7万円~の少しいい入れ歯が限界だ
・年収500万円 ブリッジ治療と呼ばれるものが可能。プラスチック製の歯にするのに、1本あたり5万円かかり、3本同時にするため、15万円前後
・年収700万円 半年間貯金すれば、1本だけインプラント治療が可能。相場30万円の義歯が入れられ、保証期間が8年など長いものを適用できる

●ブランドバッグ(6か月間貯金)

・年収300万円 限界額は6か月間貯金しても4万6800円にしかならない。買えるブランドのクラスはサザビーや4℃、サマンサタバサなど大学生並み
・年収500万円 限界額は11万3400円。コーチやジミーチュウ、フルラ、ラシットなど働くOLが喜びそうなくらいのブランドバッグは購入可能
・年収700万円 限界額は16万4400円。ルイ・ヴィトン、グッチ、ミュウミュウ、プラダなどオジサンでも知っているブランドを購入することが可能

●植毛(2年半貯金)

・年収300万円 2年半貯金した限界額は32万4000円で約1080本植毛できる。生え際がM字になりかけている人、軽いO字型ハゲしか治らない
・年収500万円 植毛できる限界本数は約3290本。この本数だと生え際が目に見えて後退している人にも対応。おでこ全体にハゲが広がるU字型も可
・年収700万円 植毛できる限界本数は約5440本。U字型が進行して側面にしか髪が残っていない人など広範囲なハゲにも対応することができる

 義歯は貯金を6か月して前歯の治療で保険適用外のものなどの条件で算出。こうした厳しい条件になってしまうのも、思った以上に年収700万円以下の限界値が低いからにほかならない。年収700万円以下の限界値を把握し、この現実を刮目せよ!

取材・文・撮影/宮下浩純 山田ジン 高島昌俊 仲田マイ 櫻井一樹 溝口元海 奧窪優木 撮影/岡戸雅樹
― 年収別男の限界値 ―




おすすめ記事