雑学

夏はコレさえあればどんな着こなしでも地味にならない【夏の小技3選】

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第132回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 夏はおしゃれをしようにも地味になりがちです。しかしまた地味にならないようにと色や柄を取り入れると今度は子供っぽくなりすぎてしまう。このどうしようもないジレンマを簡単に解消する方法は「小物」です。

 ショップスタッフさんやおしゃれな人も同じように無地Tシャツにデニムなど「ごくごくシンプル」な着こなしをしているのに、なんか印象が違いますよね。あの差も実は小物にあるんです。

「小物なんてどうせ小さい面積で目立たないし後でいいや」と思う人が男性ではほとんどだと思いますが、少なくとも夏だけは違います。使うアイテム数が極端に少なくなる夏シーズンにおいては「小物」の重要度がグッと上がるからです。アウターもマフラーも使えず「トップス・ボトムス・シューズ」など最少要素で構成できてしまう夏に味付けするには小物しかありません。むしろ夏は下手にTシャツやカットソーを買い漁るよりも小物に投資したほうが賢い。Tシャツ&デニムのシンプルスタイルも「小物次第」で生まれ変わります。そして小物は実は選べば格安アイテムでも十分満足できるのです。

無地Tシャツ&デニムのシンプルスタイルでも地味にならないわけ

mb13201 mb13202 まずはこちらお手本スタイル。無地Tシャツにデニムの極端なくらいシンプルなスタイルですが、決して「地味な印象」には感じないでしょう、これが小物の力です。小物は確かに面積こそ小さく目立ちにくいものも多いですが、「重要箇所」に置くべき小物を心得れば印象を激変させる効果が期待できます。

 まず心得るべきは、「目立つ先端箇所に小物を置く」という鉄則。洋服の先端、体の先端は視線が止まりやすく目立つ部分です。例えばTシャツの先端である「首元」「裾先」「袖先」。ボトムスの先端である「足首」「腰元」。頭の先端である「頭」「靴」。この先端箇所に小物を置くようにすると地味な印象が一気に解消されます。

 上の画像で目立つものは下記の小物です。

・腕元に飾る時計やブレスレット
・首元に飾るサングラス
・腰元に飾るメッシュベルト

 これら先端部分は目立つ箇所であるがゆえ「面積の小さい小物」であっても十分な効果が期待できるのです。

次のページ 
夏にオススメの小物3選

1
2
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事