雑学

ユニクロ「買ってはいけない」プリントTシャツ3選。ハズレを引かない方法とは?

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第129回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は先週の「買うべき~」に引き続き「買ってはいけないユニクロTシャツ3選」をお届けします。

買ってはいけないのは「日本デザイン」だけが理由ではない

mb12901●OMIYAGEグラフィックT(半袖)+E 1500円(+税)

 UTでは必ず展開する日本風デザイン。歌舞伎モチーフなど外国人が喜びそうなプリントが毎年多数揃いますが、これはシリーズ名のとおり「外国人観光客のOMIYAGE」用途として訴求しているもの。「面白いじゃん」と思って手に取った人もいるでしょうが、カッコよく着こなすのは至難のワザです。

「そんなこと言われなくても、さすがにおしゃれ目的で買わないよ」と思うかもしれませんが、このTシャツがおしゃれに見えない理由は何も「日本的デザイン」のせいだけではありません。

 プリントTシャツの「おしゃれ」or「野暮ったい」はどこで決まるのか。それは主に「面積」「色数」「色彩」の3要素です。プリントTシャツはスーツでは絶対に使わないカジュアル度100%のアイテム。くだけた印象が魅力ではありますが、あまりにもカジュアルになりすぎて「くだけすぎ」ているのもまた問題、子供っぽい印象ばかりが目につくようになり「おしゃれ」とは評価されにくくなります。

 大人っぽく、おしゃれに着こなせるプリントTを見つけるなら「プリントの面積は小さいもの」「プリントの色数は少ないもの」「プリントの色彩は弱い(モノトーンに近い)もの」を選ぶといいでしょう。プリントはただでさえ子供っぽい印象を与えます。こちらの製品のように赤・青・緑色と色彩の強い原色を数多く、かつ面積を広く使ってしまうとどうしたってカジュアルに寄りすぎます。ファッションデザイン論的にも、単に「和風プリント」という意味でも「買ってはいけない」の代表例と言えるでしょう。

次のページ 
面積・色数・色彩をカバーしても「イメージ」が邪魔する

1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事