スポーツ

エースと仲間たちのホーム・アウェー・フロム・ホーム Home away from home――フミ斎藤のプロレス読本#042【全日本ガイジン編エピソード11】

 2、3週間のオフが終ると、エースはまたスーツケースの中身を整理して旅に出る。タンパにはタンパの生活があるように、トーキョーにはトーキョーの生活がある。  仕事とプライベートを完全に分けてもらったほうが、ジル夫人としても安心できるらしい。ジョニー・エースがアメリカで試合をするようになったら、1日24時間、1年に365日、プロレスラーのワイフを演じなければならない。ふたりにはいまの状態がいちばん心地よい。  ロードに出ているあいだ――日本にいるあいだの日常――は、四角くてちいさくて天井の低いホテルのシングルルームだ。やっぱり、みんながなんとなくゴロゴロできる居間が必要だから、エースの部屋がいつもボーイズのラウンジになる。  ドアを開けっぱなしにしておくと、5分ごとにだれかが入ってきてはひとしきりおしゃべりをして、また出ていく。  お酒もタバコもやらないし、外にも遊びにいかないダグ・ファーナスは、エースの部屋に来てもひとりでおとなしく本を読んだりしている。悪ガキ系のダニー・クロファットは、土足のままベッドの上に乗っかって、みんなに笑いばなしを聞かせてくれたりする。  ちょうどいいころあいを見はからって、エースがボーイズを食事に誘いだす。  ファーナスはボディービルダー式の食事メニューをきっちりと守っていて、シリーズ興行の日数分のツナの缶詰め、ナッツ類、オートミール、プロテイン・バーなどをアメリカから持ってくる。もちろん、ジャンクフードはいっさい食べない。
斎藤文彦

斎藤文彦

 その日のエースとクロファットのディナーは、ホテルの近くのラーメン屋でチャーハンと餃子とビール。食事のあとは、コンビニに寄ってファーナスから頼まれたミネラルウォーターとプレーン・ヨーグルトを買った。(つづく) ※文中敬称略 ※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ
1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。





おすすめ記事