スポーツ

元プロレスラー小橋建太の「青春おすそわけ」#1――「イケメン二郎っていうから、どんな男前かと思った」【黒潮“イケメン”二郎vol.1】

 “鉄人”と呼ばれた元プロレスラー・小橋建太が、現役レスラーをゲストに招いてトークを繰り広げる新連載がスタート! 果たして小橋はトークでどんな技を繰り出すのか?

 第1回のゲストは、今をときめく黒潮“イケメン”二郎。昭和の香りをぷんぷんさせる派手なジャケットを身にまとい、手鏡に映る自分のイケメン(?)っぷりに酔いしれる。福山雅治の「HELLO」を丸々1曲使った“焦らし”入場は、インパクト特大だ。9月2日(土)・WRESTLE-1横浜文化体育館大会でのタイトルマッチを前に、「24歳。デビュー6年目」の本音を小橋にぶつける。

【黒潮“イケメン”二郎vol.1】

小橋建太(以下、小橋):イケメン君とはWRESTLE-1の会場で会ってるから、3回目くらいかな?

黒潮“イケメン”二郎(以下、イケメン):あと去年の夏、全日本プロレスの両国大会で、小橋さんに解説していただいてるんですよ。中島洋平選手との試合です。

小橋:そうだ、そうだ。何回か会ってるよな。リングを下りたら礼儀正しいんだけど、リングではね。入場が長い(笑)。それも一つの個性だから、全然いいんだよ。いいんだけど、長い。あれ、何分くらい流してるの?

イケメン:Aメロ、サビ、Bメロ、サビ・・・・・・。2回目のサビが終わった辺りでリングインするので、大体3分15秒です。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1377392

小橋:それは長いよ。最初、笑っちゃったよ。入りそうで入らない。ようやく入るかと思ったら、まだ入らない。早く入れよと(笑)。今まで、あんなに時間かける人もいなかったし、入るフリして入らないっていう人もいなかった。なんでああいうスタイルになったの?

イケメン:元々、TAJIRIさんのWNCという団体にいまして。TAJIRIさんがなにを思ったのか、「うちの団体、イケメンいないよな」と言い出したんです。「お前やってみろ」って言われたんですけど、そもそも僕、イケメンじゃないから反抗したんですよ。でも気づいたら勝手に、ホームページに「イケメン」って書かれてた(笑)。そこから試行錯誤して、“焦らし勘違いイケメン”というキャラクターを磨いていったんです。

小橋:そうかあ。TAJIRI選手がつけたのか。

イケメン:TAJIRIさんって、「お前、今日からスケボーキャラな」とか、そっちから決めるんですよ。名前だけ与えられて、そこからみんな、自己プロデュースが始まるんです。今、大日本プロレスにいる高橋匡哉も同じ団体だったんですけど、「お前は宇宙人に似てるよな。宇宙人でデビューするから」みたいな(笑)。で、宇宙人としてデビューさせられちゃったりとか。けっこう、めちゃくちゃな人で。面白いんですけどね。

小橋:イケメンって、自分でつけたのかと思った。初めて会ったときに、「黒潮“イケメン”二郎」っていうからさ、どんな男前かと思ったら、「あれ?」と思って。

イケメン:ですよね(笑)。

小橋:いや、悪くはないよ。悪くはないけど・・・・・・イケメンかあ(笑)。でもさ、自分でイケメンって割り切ったということが大事で。男前がカッコいい男かって言ったら、そんなことはない。いくら不細工な男でも、すごくカッコいい男っているじゃない? 生き方がカッコよくて、なんかその人もカッコいい。それが本当の男だと思うね。

イケメン:僕はどうでしょうか・・・・・・?

次のページ 
小橋選手のイケメン評価は

1
2
■「2017 プロレスLOVE in YOKOHAMA」9.2 神奈川・横浜文化体育館大会

http://www.w-1.co.jp/schedule/tour2.php?id=1677#card

開催日:9月2日(土)

開催時刻:15時試合開始/14時開場

場所:神奈川・横浜文化体育館

※WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負:芦野 祥太郎vs黒潮“イケメン”二郎

※WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負:アンディ・ウーvs吉岡世起

■対談裏話も不定期配信! 小橋建太・FortuneKKメルマガ登録

本編では配信しきれなかった対談の話題や小橋建太・FortuneKKの最新情報がゲットできるメールマガジンに是非ご登録ください!

https://www.comty.biz/stm_regist2/?SMCD=0000025884





おすすめ記事