スポーツ

世界中が高山善廣にエールを送る――強さとはなにか?<最強レスラー数珠つなぎVol.17 最終回>

 UWFインターナショナル、キングダムを経て、1999年、高山は全日本プロレスに入団した。格闘技色の強いUWFと、王道プロレスと呼ばれる全日本では、スタイルが水と油ほど違う。しかし彼はスタイルを超え、“高山善廣のプロレス”を確立した。盟友・小橋建太は、当時の彼をこう分析する。「水と油は混ざるということを証明した選手」――。

「もちろんスタイルは見るからに違います。ですが高山選手は、UWF魂をしっかり持ちつつ、全日本のリングに上がっていた。スタイルに囚われたくないという決意と覚悟を持っていたからこそ、全日本に融合していったんだと思います」

提供/鈴木健.txt

 初めて高山と試合をしたとき、「なかなか面白いじゃないか」と思った。一発一発が重い。とくに蹴りと膝蹴り、そしてエルボー。196cmの長身である高山は技を上から振り下ろすため、想像以上のダメージがある。しかし小橋も負けじと返す。二人の試合はスイングし、ファンから絶大な支持を得た。

 2004年8月、高山は脳梗塞で倒れた。プロスポーツ選手で脳梗塞から復帰した前例はないとされているが、不屈の精神で病気を克服。2006年7月16日、ノア武道館大会にてリング復帰することが決定した。タッグパートナーは小橋建太。しかし試合直前の6月29日、今度は小橋に腎臓がんが見つかり、試合を欠場することになる。

「悔しかったです。脳梗塞という大変な病気から立ち上がってくる高山選手の思いに、応えられなかった。がんになった悔しさ、試合に出られなかった悔しさ、ファンのみんなの期待に応えられなかった悔しさ、僕の代わりに出場してくれた佐々木健介選手への感謝の気持ち。いろいろな感情が入り混じっていました」

 2007年12月2日、小橋はがんを乗り越え、リング復帰する。復帰戦のタッグパートナーは高山善廣。対戦相手は三沢光晴と秋山準。このカードを提案したのは高山だった。「あのときできなかった試合をやりましょう」――。嬉しかった。どこまでも熱い男だったと、小橋は振り返る。

 リングで敵対していた二人が、プライベートで会うことはなかった。しかし一度だけ、食事に行ったことがある。小橋の病気が落ち着いた頃、高山が小橋と佐々木らを誘い、他愛ない話に花を咲かせた。しかしだれかが「記念写真を撮ろう」と言うと、高山は拒んだ。「俺たちは敵だから、写真を残すのはやめましょう」。

「プロとしてのこだわりを感じました。僕への励ましだったのかもしれません。いつまでもライバルでいるから、帰ってこいよ、という。いま思えば、写真を撮らなくてよかったのかなと思います。あの日の光景は、僕の心の中にいつまでも残っているので」

 高山が頸髄完全損傷で回復の見込みがないと知ったとき、「言葉にできなかった」と小橋は言う。激闘を繰り広げた思い出。タッグを組んだ思い出。いつでも熱く、優しかった高山の姿が、走馬燈のように浮かんできた。

「意識があるのに動けない苦しさを思うと、胸が詰まります。けれど高山選手の熱い闘いは、僕の心の中にも、ファンのみんなの心の中にも残っている。高山選手が立ち上がることで、励まされる人がたくさんいるはず。見る人を元気にするのがプロレスラーです。ベッドの上にいても、プロレスラーであり続けてほしいと思います」

次のページ 
高山vsドン・フライ戦を見て引退を翻意した鈴木みのる

1
2
3

■TAKAYAMANIA EMPIRE
日時:2018.8.31(金)
会場:後楽園ホール
開場:17:30  
開演:18:30(全7試合)
放送:Abema TV生放送
チケット:Makuake(マクアケ)※クラウドファウンディングhttps://www.makuake.com/project/takayamania2018/
主催:(株)髙山堂/TAKAYAMANIA実行委員会
協力:TAKAYAMANIAの皆様

■高山善廣選手への募金先
【クレジットカード】
(日本語)https://secure.koetodoke.jp/form.php?to=13
(ENGLISH)https://www2.donation.fm/takayamania-en/

【銀行振込】
三菱東京UFJ銀行
代々木上原支店(店番号137)普通預金 0240842
口座名義「TAKAYAMANIA タカヤマニア」
 
みずほ銀行 渋谷中央支店(店番162)普通預金1842545
口座名義:TAKAYAMANIA タカヤマニア
 
三井住友銀行 渋谷支店(店番654)普通預金9487127
口座名義:TAKAYAMANIA タカヤマニア 代表 高山奈津子
 
※通帳は髙山選手の奥様がお持ちになられています。




おすすめ記事